FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間だから燃えて燃えてとことん常にハングリー!
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

本日は、僕の最も信頼する青年から携帯電話の方に一通のメールが届いた。実際の話、僕自身は忘れていた事ではあったが、この原稿を書いている本日は【 立秋 】だ、暦では秋・・・。先月の下旬に、やっと梅雨明けだと思ったのに、もう秋・・・。自分に『 おいおいマズイぞっこれは! 』と言い聞かせ、惰性になっている心の甘えを正したが、現実は、常にベストに生きるだけが精一杯の自分が、本当に虚しく感じる時が最近は多くなってきているように思う時もある。(笑)

常に自身の目標を掲げがんばらなくては!
p(^^)q ガンバじゃ!

それでは、今回の僕のテーマは、現代人の心の中では、少々忘れ去られてしまっている傾向性にある、【 ハングリー精神 】をテーマに、色々な角度から分析した記事を書きたい。

【 ハングリー精神 】・・・。
すでに【 近年 】という言葉を使ったほうが、今回のテーマにはふさわしく思うような気がするが、ここ最近は、本当にこの【 ハングリー精神 】という言葉が失われつつある【 時代 】に突入したと言ってもよい時代になってしまったように思える。その良い【 例 】がある。

それは、ボクシング関係のどの専門雑誌のページをめくっても、この【 ハングリー精神 】や【 ハングリー 】という言葉が、めっきり激減しているように思えてならない。まあ、現実の【 現場サイド 】においてはその【 言葉や表現 】は使われていると確信はしているが、現代の雑誌等には、この言葉をあえて【 使わない 】【 風潮 】になってしまったように僕は思えてならない。

昭和時代は、本当にこの【 ハングリー精神 】という言葉は、頻繁に口にされたり雑誌等でも、昔流に表現すれば、【 スポ根 】というスポーツをテーマに【 熱血ど根性精神 】の物語がマスコミ等を通じで流行した為、昭和後期にかけて、この【 ハングリー精神 】という言葉は、本当によく頻繁に一般民衆の耳に届けられていたと思う。

では、この【 ハングリー精神 】は、現代の民衆の心から、【 消えうせようとしているのか!? 】と言えば、それは明らかに『 NO! 』であると僕は断言したいと思う。その証拠たる【 現象 】に、【 現代の若者 】の【 日々の行動 】を、よ~く観察すれば解る事ではあるが、現代の若者は【 言葉に出さず 】、一人坦々と【 心の中でその精神を燃やし続ける 】タイプの若者が【 激増 】したと言ってよいと思う。

また、時代背景の【 水準 】もそうであると思う。末端の現実をよく観察し、視野に入る物事を深く洞察すると理解できる事ではあるが、現代の主婦から日々聞こえてくる【 教育レベル 】においても、【 教育方針 】を見つめても、公の表面上には出てはいないが、その【 底流 】の次元において、【 自然体の形式 】で、現代はこの【 ハングリー精神 】を【 養っている 】というのが、正確な見識の視野であると僕は確信する次第である。

今回のこのテーマの記事は、すべて【 良い次元 】の分析にとどめようと思っているが、【 ハングリー精神 】とは、歴史の分析誌や映像等をよく見つめると、その具現化された【 真実の心理 】が見事に活字や写真、そして映像に出ているが、昭和初期の当時は、大きな視野の次元からは、個人の集合体が大きくそれぞれの双方で連なり、【 不景気 】を昇華させる為に、このハングリー精神が【 現場 】で培われていたと言ってよいが、この【 方程式 】に関しては、現代もそして、未来も【 普遍的 】に変わらない法則だと思うが、昭和中期からは、それが【 個人の欲 】にそのエネルギーの方向性をもっていく【 願望 】が、一般民衆の底辺で流れていたと僕は確信している。

そして、昭和後期から平成の初期にかけては、このハングリー精神は、その言葉が少しずつ【 失われていく現象 】が時代背景のなかに染まり、【 民衆の心 】からこの言葉が遠のいていく傾向性が現れ、2005年付近から、まったくこの【 ハングリー精神 】という言葉は、現代の一般民衆の【 耳 】からかけ離れてしまった【 時代 】に突入したと言ってよいだろう・・・。

しかし、この【 ハングリー精神 】という言葉は、あえて表現はされないが、今でも根深く心と行動に宿っている世界は、何といっても【 政治 】の世界にその【 姿 】は、現在でも【 健全 】に宿っているという事は、皆さんも充分にご承知かとは思う。

しかし、ここでひとつの大きな問題が出てくると思う。

【 政治 】の世界とは、小さくは【 自分たちの生活 】を少しでも【 豊か 】にする戦いでもあるが、それを受け入れる【 一般民衆側 】の方は、この【 ハングリー精神 】が乏しく欠けてしまっているせいか、現代では逆に【 保守的実像 】が表面上に大きく浮き彫りになり、その政治の【 声 】は届いていても、政治のその【 力 】は、充分に【 民衆 】の心に届いていない事実は、いつの時代背景にも存在はしているが、近年は特にその傾向性がひどいと言わざるおえない。

つまり、【 保守的事情 】が強いせいか、【 恐怖 】が一般民衆の心の底流に【 依存 】するかのように【 定着 】してしまい、何を聞いても、そして何を見つめても、【 信じられない 】現実の結果が、現代の人間の心の中に【 依存 】してしまったように僕は思えてならない。

話は善き次元の話だけにするが、【 ハングリー精神 】とは、強いては、個人の、そして大きくは、【 生活や社会 】を大きく改善し、良い方向へと【 転換する法則 】が【 必然的 】に眠っていると言える。これは、解りやすい【 例え 】をあげれば、【 活気 】がある所には、物質的にも【 栄えたり豊か 】になっている現象が、真実の姿として過去の歴史上にも厳然と存在しているが、逆に【 やる気 】を失ってしまった【 心の集まり 】の世界には、繁栄どころか、【 低下の傾向性 】ばかりが目立ち、よくとどまって【 惰性的な維持 】を永遠と続けてる現象が現れ、人々の心は悲しいかな、悪いときには【 落ちきる限度を知らない 】のが、現代社会の【 実像 】ともいえよう。

これは、平成の初期に書いてあった、ある雑誌の文面ではあるが、昭和中期以降から平成初期間での【 ハングリー精神 】の評論であったが、【 ハングリー精神 】とは、【 卑しき者の願望である 】という記事を過去に公開した雑誌があった。まあ、これは一概にも言えず、そして、確かに一理ある表現ではあるが、その雑誌は何を言いたいのかというと、【 ハングリー精神 】は、人間の欲望を剥き出しにして、【 醜い人間の様 】をありありと浮き彫りにしてしまい、【 人間本来の美しさをイメージダウン 】する言葉であると、批判的な評価を下した雑誌であった。

つまり【 知性や英知 】を薄れさせ、【 動物的本能 】が目立つ【 低級な生き方 】が目立ってしまう・・・という事を語っていた。しかし、僕はこの文面に対して、一つの【 意見 】をもっている。それは、ハングリー精神とは、【 現実のその折々の時代の実像 】をありのままに【 浮き彫りした精神性の世界 】であり、現実には【 その心 】が失せた時こそ、逆に【 知性や英知 】も同時に【 失せてしまうのだ! 】という事を僕は言いたい。

人間は、【 ハングリー精神 】が【 生きる要 】になっているからこそ、日本国は【 発展 】をして、逆に、【 日本人の英知や知性 】を【 世界各国 】にたらしめたその【 事実 】は、隠しようがない真実だと言っても過言ではないだろう。また、【 日本人の精神の象徴 】である、【 大和魂 】こそ、全世界の国々の民衆の心に必要な、【 強いエネルギー 】を【 蘇生 】させる【 根本の法則 】が眠っていると僕は確信する次第である。

これは【 深い精神性の次元 】のお話ではあるが、【 知性や英知 】が凄まじく【 増強 】すると、人間はいつしか【 強欲 】に心が蝕まれてしまう恐れがあり、【 卓上の理論 】で利益を生む傾向性の力が強くなってしまう。しかし、【 ハングリー精神 】とは、【 人間の根本 】から【 精神 】を鍛え上げ、【 荒廃 】した【 精神 】から【 健全な精神 】を培う働きがある事は、絶対に眼を背けられない事実があると僕は断言したい。

それは強いては、【 人間を強く 】して、【 地域を発展 】させ、行き着くところは、【 社会の根本の主軸 】の次元から【 好転換 】させてしまう【 現象が息を潜めている 】と申し上げたい。

よって、最後の僕の結論に移りたいと思うが、【 ハングリー精神 】とは、人間が生きていく上で、最も欠かせられない【 人類繁栄の精神 】であり、強いては【 競争社会を生み出す原動力 】であると申し上げたい。【 ハングリー精神の中 】には、【 人間とは何ぞや!? 】と知ることが出来る【 悟れるヒント 】が眠り、人間を【 昇華 】させる【 人間としての人徳の向上 】を多大に秘め、その精神性から【 現実社会 】に真正面から眼を向け、そして取り組む事によって【 人間としてこの世に生まれてきた、人生の真実の真理 】を知ることができる、かけがえのない【 源泉の精神 】であるのだ、という事を、僕の結論として、今回の分析ファイルの終止符としたい。

今回も最後まで読んでくれて、本当にどうもありがとう。

昨夜は、この原稿を更新したあと、最新の『 犬神家の一族 』の映画を観た。市川崑監督の映像美は健全ではあったが、物語の途中に出てくる【 スタジオでのセット 】は、どうにも頂けないモノがあった。(苦笑) 撮影の【 感性とビジュアル 】は、あまりにも現代のテレビドラマのようであったが、映画としての奥深い味わいは、今でも【 息づいて 】いたように思えました。

じゃぁ、またね! (^○^)/





スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:オタクの日記 - ジャンル:アダルト


男より男らしくそして女より女らしくGOGO!
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

それでは、今回の僕のテーマは、【 性自認 】という非常に難解なテーマを取り上げ、文字数の限界まで色々な角度から分析した記事を書きたい。

【 性自認 】、これはあまりにも解りやすく書いてしまって申しわけないが、読んで字の如く、【 男性 】は【 男 】と自覚し、【 女性 】は【 女 】と自覚、正確には確認している事を言うが、今回のテーマの【 比重 】は、どちらかと言うと、【 男性の性転換 】の方を取り上げたいと思っている。

実は最初に書いておきたいと思う。(苦笑)

僕は20代の半ばから30代の前半まで、彼女に使ったお金の他に、年上の親友とかなり羽振のいい【 夜遊び 】を、ほぼ毎日していた時期が数年続いた時があった。まあ、その大罰を食らって行く果ては【 債務整理 】という事になってしまったのだろうが(苦笑)、今は苦しくも【 善き人生の宝 】となって、僕の心の中でそれらはすべて輝いている。

その【 夜遊び 】もソープランド系の遊びではなく、【 フィリピンパブ 】や【 ニューハーフ 】のお店を毎日、転々と変えて遊んでいた時期が数年続いた。もちろん、前回のブログには書いてないが、当時、僕は運送会社に勤めていたので、毎月の給料は手取りで52~53万くらいもらっていた。今では、そんな給料は、せいぜい大型車を運転する方々くらいしかもらえない給料額だと思うが、当時は、本当に4トン車でもそのくらい稼げたイイ時代があった。しかし、現在では会社勤めの大型車のドライバーでも、せいぜい30万の給料が平均だと言う事も僕は知っている。

で、カードのキャッシングは【 彼女 】に、給料のほとんどは、親友との【 夜遊びGOGO! 】で、一銭も貯金もせず、すべて女性、そして女性陣につぎ込んだ。そこまでつぎ込み、そして遊び続けると、不思議と【 夜の仕事をしている女性陣の心 】が理解できるようになるのは、経験者しか語れない世界だと、今でも僕はそう確信している。(笑)

僕と当時の親友は、東京都の足立区にある、小綺麗な小さい店ではあったが、2件の【 ニューハーフのお店 】と【 フィリピンパブ 】によく遊びに行っていた。僕が休みの日には、その日、一日で自らの自覚で15万を使った記憶もある。これは今でも変わらない【 現実 】だと思うが、ニューハーフの方々のそれぞれの統一した悩みは【 声 】が変えられないと言う事をお店に行った時によく聞いた覚えがある。

現在では、【 メラニー法 】という発声技法があり、訓練次第で、女性の【 声 】にしか聞こえないような【 声 】を出せる技法があるのは僕もよく知っている。それまでは、俗に言う【 おかま声 】を出して、性自認に悩む方々は、夜の仕事をしていたが、ここで僕は、はっきりと申し上げておきたいが、【 おかま 】という表現は、【 差別語 】なので、ここでは記事として掲載したが、使わない方が望ましいと自分はそう皆様にお伝えしたい。

正確には、【 ニューハーフ 】とは、女性的な【 服装 】をしていれば、【 一応はニューハーフ 】と呼ばれるが、現実の世界はそんな生優しい世界の次元ではない。正確には【 一般的に 】だが、【 女性としか見えない 】レベルまで達していないと、現実社会ではニューハーフとは呼ばれない切実な次元の問題がある。

また、この方々は、【 性同一性障害 】とよく間違われやすいが、分厚い精神医学の専門書では、【 両者はまったく異なるレベルの概念 】であると明確に公開されている。この【 性同一性障害 】に関しては、今後のテーマでも取り上げるつもりなので、楽しみにしてもらいたいと思っている。

実際の話、僕は昔むかしのその昔、【 完璧に性転換した親友 】が3人ほどいる。その内、二人は【 友達 】になるのだろうが、一人は完璧な親友だ。昔は色々な【 性 】に関する話を、その友達の部屋でずっと語り明かした経験がある。僕は【 縁 】あってか、僕にだけ【 心を許してくれる 】心の病をもっている友達が、普通の人と比べるとかなりの人数の友人がいる。その中には、【 パニック症 】【 対人恐怖症 】【 ランチメイト症候群 】【 多汗症 】【 体臭恐怖症 】【 赤面恐怖症 】【 統合失調症 】【 薬物依存症 】の方々まで色々な友人がいる。

ちなみに、世間で言う【 赤面症 】と【 赤面恐怖症 】はまったく異なる心の病と申し上げたい。これは数年前に読んだ専門誌に書いてあったが、【 昭和時代 】のニューハーフの方々は、必要以上に【 古風な 】女性の仕草をマネする人が多く、【 女より女らしい 】と言われた時代があったが、近年では、【 普通の女性と変わらない自然体の雰囲気 】を好む方々が増えているという記事があった。これは僕も【 確信 】する次第である。現に僕の親友・友人がまったくその通りだからである。

その親友・友人の話では、性転換手術を受けた人の【 多くは 】ニューハーフ専門のお店を辞めて、普通のホステスになったり、又は、普通の職業に転じたりしているのが現状らしい。しかし、昔も今も、あまり変わらない現状は、性転換手術まではしていなくても、【 豊胸手術 】【 去勢手術 】【 美容整形手術 】をしている方がほとんどで、その中でも【 女性ホルモンを摂取 】して、後戻りできない身体になっている方々も大勢いると、親友と友人が僕に話していた覚えがある。

これは僕の経験から【 実感 】し、専門書で調べても【 確信 】した事だが、やはり、ニューハーフの方々の多くは、【 性自認 】はあくまでも【 男性 】として【 自覚 】している方が多く、【 性同一性障害 】の方々の【 性自認 】は、【 女性 】であり、【 根本的に心の中の性別 】が違うと言う事だ。現実には、ニューハーフの方でも、性同一性障害の方もいる・・・という話は友人・親友から聞いてはいるが、実際にはあまり見たことがないと言っていた。

それで最近では、かなり激しいアダルトビデオが流出しているせいか、ニューハーフの方々と、男性同性愛者を【 同一視 】する現代人が非常に【 多い 】が、はっきり申し上げておきたいと思う。これは【 間違い 】であると断言したい。それはナゼかと言うと、【 男性同性愛者 】というのは、【 自分が男性であるという自覚があり 】その中で【 男性 】を愛していて、現実には【 女装 】をする者はあまりいないのが現実の【 本当の姿 】なのだと申し上げたい。

また、ニューハーフの方でも、【 女性 】を愛する【 異性愛者 】や【 同性愛者 】もいると言う話も聞いている。この後期の場合は、【 性自認は女性の場合 】であるが・・・。

では、文字数の限界も見えてきたので、ここで僕の結論をいつものように述べたいと思う。

【 性同一性障害 】の方、又は、【 ニューハーフ 】の方々にせよ、そして今回はニューハーフの方々の分析が多くなってしまったが、逆の場合の【 おなべ 】と呼ばれる方々にせよ、僕の【 判断 】はこうである。

男性は男、そして、女性は女の【 性自認 】が多い現実の中で、悲しい運命かな、現実は【 逆の性 】として生まれて来てしまった【 かも 】しれないが、【 その道 】を【 決意 】した以上、そのご本人の【 覚悟 】は、僕の想像を絶する次元だと、毎回僕は確信している。世間の冷たい偏見や、妬み、虐め等もあったと思う。

しかし、絶対に忘れてはならない事は、【 人間として生まれてきた 】、ここに、大きな【 生き切る為の 】ポイントがあると僕は【 確信 】する。世間がああだ、法律がこうだ・・・と色々な問題が現代ではあるが、【 究極 】の結論は、【 人間として 】【 その道 】で生きてきて【 本当に良かった 】と言える【 人生が 】最後まで送れるか・・・だと、僕はそう確信して思っている。【 人生の最終的結論と結果 】を下すのは、それも【 自分自身 】なのだと申し上げたい。


今回も最後まで読んでくれて、本当にどうもありがとう。

今回の【 テーマ 】は、本当に深かったと思います。

じゃぁ、またね! (^○^)/






テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト


信じる先に何かが見えたらそれがナニ?
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

では、今回の僕のテーマは、人間の希望の源である【 信じる 】をテーマに、色々な角度から分析した内容の記事を書きたい。

【 信じる 】・・・この言葉は本当に人間にとって、本当に大切な世界だと僕は折々の人生でつくづく実感する時がある。人間にとってこの【 信じる 】とは深い次元においては、【 生きる 】に置換えて言っても過言ではないと思う。

人間が生きる上において、この【 信じる 】と言う世界は、すべての現象や意味、そして、精神性の世界にまで通じている言葉であると、日々確信する次第である。まず、人間の生きる【 基本 】は、すべてこの【 信じる 】事からスタートしていると言ってよい。

もっと深く、神秘な次元から物事を洞察した時、母親の子宮にいる胎児の時点からこの【 信じる 】という次元は無意識に存在していると言っても良いと思う。最近では、この言葉は本当に聞かなくなったが、【 信じる事を忘れた人間は、すでに敗北している 】と、社会の過去の先輩陣は、よく言っていた事を僕は覚えている。

大雑把に言ってしまえば、人間は24時間、無意識の中で常に【 信じる 】という次元を意識しながら生きている。寝ているときも呼吸をしている時も、そして、未来を見つめるにしても、ゲームで勝敗を争っている時も・・・。

もし、人間にとってこの【 信じる 】というモノが心の中からなくなってしまったら、100パーセントの確率で、精神面に支障をきたし、何らかの【 精神病 】に陥る事は間違いないといっても良いだろう。人間は面白いもので、信じるという事が出来なくなると、すぐに【 自分の囲い(カラ)】に閉じこもる習性があり、それと比例して【 防衛本能 】も鋭くなってくると、過去に読んだ専門書にはそう書いてあった。

現代社会の底辺で浸透しつつある、【 人間不信 】に陥ったものは、行き着く所は結局の所、【 自分自身 】を信じ、その信じた何かで【 生 】をまっとうしようとし始める。その意味から言っても、【 自分 】しか【 信用 】できなくなってしまうのは、行き着く【 そこが 】自身の中の最後の砦なのかもしれない。

これは自分ごとで大変申しわけないが、僕の場合、幼少の頃から【 激苦 】の家庭で育ったせいか、20代の後半を迎えるまで、あまり【 人 】を信じないタイプの男であった。しかし、社会に出ると、この【 信じる 】というモノが非常に重要な事と悟れたのは、やはり、【 働く 】という世界から僕は学ぶ事ができ、心の底から、人間として大きく人生の転換期を迎え、その後の人生をより【 人間らしく 】歩んでこられたと僕自身はそう自負している。

また、そういう【 環境 】や【 試練 】、そして【 挫折 】を味わう【 運命 】も、絶対に【 生きる人間 】として、すべてが一つ残らず自分において【 意味 】のある事と、僕は今でもそう信じて生きている。

今回のこの【 信じる 】というテーマは、僕にとっても一番興味深く、今後の人生においても最重要なテーマだと思っている。

では・・・【 信じる 】という次元は一体何なのだろう?
この回答や感じ方は、すべての人間が千差万別だと思う。たとえ各々の表現がそれぞれ違った【 聞こえ方 】をしていても、通ずるところは皆【 ひとつ 】だと僕はそう確信している。人間は【 生 】をもってから【 死 】に至るまで、一瞬たりとも【 信じる 】という世界から人間は【 脱出 】できないと、過去に読んだ専門書にはそう書かれていた。これは人間として生を受けた以上、【 宿命 】とも言える事であろう。

また、人間の起こす【 行動 】や【 過程 】そして、【 結果 】に至るまでの一切が【 信じる 】という次元が【 凝縮 】していると言っても過言ではないと言えるだろう。【 信じる 】という言葉や次元、そして【 世界 】の行き着く先は、すべての人間が生きる上で【 希望 】【 未来 】【 絆 】【 誠意 】【 信頼 】という、それらの一切をこの二文字に凝縮して、私達は日々、苦楽を共にする人生をそれぞれが歩んでいる。

そして、人間は常に【 何かを信じて 】生きている。その究極は【 絶対的幸福 】という【 姿 】は絶対に間違いない事ではあるが、多方面の角度から洞察するならば、【 信じる 】というモノは、【 自分を・・・ 】という所に一切が収まると僕はそう確信している。【 他人を信じる 】【 家族を信じる 】【 社会を信じる 】と言っても、所詮は、自分の【 視野 】の次元から【 知識の全貌 】を自身で確認し、そして、判断して【 そうと決めかかって 】いるだけの話で、その【 判断 】の【 対象物 】はすべて【 自分の中にある 】【 経験 】と【 知識 】だけがたよりとなっているのが【 信じる 】という世界の実態なのである。

つまりは、【 信じる 】という言葉の世界は、過去においての知識、認識を基にはしているが、本当の【 信じる 】という大本のスタート地点は、すべて【 まずは自分自身を信じている 】と言う所から、一切がスタートしているのだと、そう皆様に僕はお伝えしたい。

また、【 信じる 】において、プロフェッショナル的な存在が【 宗教 】であるが、この宗教においては【 信じる対象物 】と【 教義 】を根本にそれぞれ【 幸福 】というゴールインに向かって日々、絶え間ない【 布教活動 】を実践しているが、人間の次元において【 信じる 】という観念は、時にはあまりにも恐ろしい事態を招いてしまう事実は、このブログを読んでいる皆さんも、日々のニュース等ではよくご存知かと思う。

ここで、僕は皆さんに言いたいことは【 何か? 】と言うと、【 信じる 】という世界は、常に【 未来 】が【 存在 】しているという所である。

僕は執筆の仕事もしているせいか、この角度の内容は、日々よく考えるが、もしその信じている【 事 】が、【 嘘であった 】【 間違っていた 】という事を知らずに、それを【 信じきったまま 】行動に移したとき、解りやすく説明すれば、【 結果 】として、【 嘘であった 】【 間違っていた 】という結果しか現象として現れないのが【 真実の結果 】なのだと申し上げたい。

これは極論であるが(笑)、犯罪を正義と【 信じていた 】としよう。しかし、誰が何と反論しようが、結果はやはり【 犯罪 】とみなされた【 悪しき結果 】しか現象として現れないのである。この法則は、地球上のすべての万物に言えることである。ましてや、人間なら、尚更その予測結果を深く【 自覚 】しなくてはいけない、と言っても過言ではないかと思う。

だから、【 信じるモノ 】が【 宗教 】にあった時、信じているその教義にしろ、対象物の本尊にしろ、【 理論として間違いな事 】は、【 現実のの結果も間違い 】としか現象として現れないのである。ここで、一言、付け加えの文章を置いときたいと思う。上記の表現は【 特定 】の宗教を否定したり中傷したのではなく、現実論の次元からの発言だと申し上げたい。

日本の法律には、宗教の自由が認められている関係上、その本人が信じる対象の教義や対象物は自由に信仰してよい事となっている。であるがゆえに、【 怖いのだ 】と、申し上げる次第なのである。

人間にとって、【 信じる 】とは、本当に【 怖い存在 】であると言ってもよい。その【 信じる 】事で、未来の一切の【 運命 】が決まってしまうからだ。また、人間は日々生きる中で、心の中で【 信じるという柱 】がないと、精神性の世界から、崩れ、生活環境にもその現象たる事が現れてくる。

僕はある意味、残念な事だが20代前半から、【 過酷な人生を決意 】した為に、信じられるモノは【 自分の力 】しか信じてこなかった。だから、しなくてもいい【 苦労 】を沢山してしまったが、今となって考えれば、それらの苦労はすべて【 良い方向 】となって今日に現れた事は、本当に良かったと心の底から現在は思っている。今回の分析は、過去に学んだ専門書からの内容も含め記事として書いてあるが、その厳格な専門書の内容も【 苦労の人生 】があったからこそ、その論文が【 正しい 】と、今はっきりと解る事であって、それでも僕の心の中では、まだ何か違う事を今でも【 信じている 】気がしてならない。

人間の【 信じる 】世界の究極の【 姿 】とは、一体何なのだろうか?
観念では【 幸福 】だと悟っているが、本当は・・・。

今回も最後まで読んでくれて、本当にありがとう。

今日は、東京は一日中雨・・・。
静かな雨音の一粒一粒の中に、信じている【 何かが 】隠されているような気がしてならない、原稿執筆の夜でした。

じゃぁ、またね! (^○^)/





テーマ:日記 - ジャンル:アダルト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。