FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女性の甘く危険な香りは何て極上なスーパーマロミィ~♪
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

それでは、今回の僕のテーマは、いつの世も男が虜になり、心の底から人生のひと時を踊らされる【 魔性の女性 】をテーマに、色々な角度から分析した記事を書きたい。

分析を始める前に、最初に皆様方、特に、このブログを読まれる女性の方へは、【 特に 】今回はご了解を願いたいと思う。

今回のテーマは、ある意味、多方面の角度から観てしまうと、このテーマは非常に【 差別的 】な要素を感じてしまう女性もおられると思う。また、今回は完全に男性の角度の【 視野 】から記事を書くので、女性陣にとっては上等な【 不満 】を覚える可能性を秘めているテーマではあるが、この原稿を書いている僕は、非常にクールに、かつ、冷静に物事をとらえて書くつもりでいるので、女性の方々も今回の記事は、【 さら~っと 】、読んでもらいたいと思う次第である。

僕は、書き物の世界に浸っている仕事をしているせいか、その【 意味 】がよくわかっている。活字の一句一句には、色々な意味があり、感情やその時の気分で、まったく別の意味と内容になってしまう傾向性があるので、それを踏まえて、最善の注意をはらって、今回の【 テーマ 】に取り組みたいと思っている。

【 魔性の女(女性) 】・・・。いつの時代にも、そう呼ばれる女性は、日本国、そして他国にも、うん万人と存在している。男性はいつも、【  】という言い方をするが、僕はこの呼び方は嫌いだ。この【 女 】という響きに、非常に【 差別的 】な、まるで何か、男と女の隔たりをあえて強調しているような【 意味 】が含まれる【 ニュアンス 】に聴こえてしまうからだ。

最近は、ブログの世界でも、かなりオープンで、なおかつ度胸がある女性陣が増えたと、毎回女性のブログを開くと思う時がある。それを象徴して言えるのは何と言っても、プロフィールで公開する画像を、デジカメか携帯かは解らぬが【 素顔 】を正直に公開する女性の方々が増えてきた・・・という事である。

僕は、一日の大半(最低18時間)は、パソコンの前に座って、仕事やら原稿書きをしている・・・というよりか、ほとんどパソコンで行なう仕事ばかりなので、これは仕方がない話ではあるが、毎日の睡眠時間は約4時間。あとは、納期後の関係で会社に訪れなくてはいけない事もあるので、その【 通勤時間 】等を含めると24時間の約、2/3はパソコンの前にいる訳である。

だから、パソコンを離れるのは、【 寝る時 】【 風呂 】【 食事 】【 トイレ 】【 買い物 】以外は、ずっとパソコンに浸っている生活をしている。ここまで来ると、同居している妹は完璧に【 呆れ顔 】で僕をいつも見ている。同居した当初は、よく『 少し休んだら! 』と、少々キツイ響きでねぎらいの言葉をかけてくれたが、今は、そんな言葉すらない。(笑)僕にとっては逆にそれが【 至福の日々 】であり、最高のひと時であると言える。

この一週間、僕は仕事や原稿書きの合間を見計らって、よく自分のブログの管理ページから、アクセスしてくれたブロガーのブログを訪れるが、先日、【 うっとり 】するほどの【 その(^○^) 】を公開している方のページに訪れたが、これぞ【 魔性の女性 】と瞬間的にその感覚を覚えた。ここでは【 その方の予測年齢 】は書くつもりはないが、とにかく、自分の肌を多大に露出して公開できるその【 自信 】は、これも【 見事 】だと思ったが、【 大抵 】そういうブログに【 限って 】、インターネットの世界では、実際の管理人は【 男性 】の時が多い。(笑)

だから僕はクールに一切を信じず、(^○^)を隠して【 自画像 】を公開している女性に限り、気に入ったらたまにコメント、そしてお気に入り登録している。僕が登録している女性のブログは、相当な【 研究家もしくは工夫(又は光る何か) 】を凝らしている女性でないと、僕はお気に入りに登録は一切しない。やはり何でもそうだが、そこに【 光る何か・・・ 】がなければ、【 自身の宝物 】にはならないからだ。

僕は今回のテーマを公開する上で、珍しくネットサーフィンをして、【 魔性の女(女性) 】のサイトを時間の許す限りアクセスして、色々情報を学んだが、どのサイトもやはり、男の偏見的な【 視野 】の文章が目立っていて、女性の【 表面の見た目 】しか書いておらず、最終的な結果の落ちの文面は、大抵がトドメの【 お金や1発ヤリの攻略法 】が出てくる。その【 魔性の女(女性) 】の、女性の【 素直な 】内面を研究して公開しているサイトは、厳格に言わせてもらえば【 まったく一つもない! 】と断言したいと思う。

何故こんな事を書くかと言うと、これは、僕の交際したほぼ9割の女性が、僕を【 信じられない 】と言って別れて行った女性陣のお話ではあるが、僕は女性の眼から判断すると【 博愛の男 】だそうである。聞こえは凄く女性に対しては【 平等 】に感じるが、現実の修羅場は本当にドロドトロしている。その別れた女性陣の話では、僕は、毎回、(☆o☆)キラキラ した目で、誰にでも優しい口調で会話をする事が、それを見つめている彼女側は、大変気に入らなかったらしく、みんな他の男へと旅立っていった。(笑)

やはり・・・女性の心には、【 いつも私だけ・・・ 】という、強い独占力があるのかも知れない・・・と、僕は人生経験から素朴にそう感じている。最近では、まったく世間では、聞かれなくなったが、【 魔性の女性 】や【 美人の女性 】には、条件があると言う話だ。これは、男の【 本能的な拘り 】だと僕は思っているが、【 男が虜になる女性の条件 】の一発目は、女性は、【 うりざね顔 】がほとんどだと言う事だ。次に【 体格がトータル的に均整がとれ、痩せ過ぎでもなく、かと言ってぜい肉もついていなく 】、そして【 首が少々細長く、口元は少々ぽったりとしていて細くもなく、太くもなく 】、また【 胸も豊胸のようでそうでもなく・・・ 】そして、最高のトドメは【 変に女らしい優しさと、弱さをいつも絶え間なく漂わせている 】女性が、大半以上を占めているのが現実の【 魔性の女性陣 】が本来の姿である。

つまり、【 すべてが微妙でギリギリなライン 】の女性が変に多い。(笑)この上記にあげた記載は、ほとんどの男が虜地獄に陥った女性の【 種族 】といってもよい。また、その魔性陣は、自分の顔の短所をよく知っているのか、天性的に【 化粧がズバ抜けて上手い 】のも特徴の一つであると言えよう。また、変に【 まったりと熱い情熱がこもる瞳 】をもっているのも特徴といえる。

僕は、昔、とんでもない【 金使いが荒くない魔性の女性 】と一年ちょっと交際した経験があり、性格はどこにでもいる【 ごく普通の女性 】であったが、その美豹と変な艶っぽい色気と魔物光の瞳は、10人の男が完全に10人とも振り向く女性と、僕は過去に交際していた時期が正直なお話ある。そう言う意味から言って、【 魔性の女性 】は、ある意味、【 僕の得意分野 】だと思っている。まあ・・・僕の一方的な感情でお金も彼女にはつぎ込んだが・・・。(笑)

確かに、世間の【 結果論 】では、【 魔性の女(女性) 】は、極上の恋の味をもっている・・・なんて書いてあるサイトもあったが、それは、勝手に自分がその恋に【 溺れた 】のであり、他の男性は、もしかしたらそうならないかもしれないよ・・・と僕はそう言いたい。(笑)あと、これは完璧に【 差別な発言 】だと僕は思っている。【 魔性の女は本命にしない! 】という男性が過去にいたが、アホかっ! と、僕は言いたい。裏を返せば、それは、【 オラは自信がない 】と言ってしまったようなモノで、また違う角度から【 大雑把 】に言えば、【 ノレない女性 】とか【 金使いが著しく荒い 】といってしまったようなモノで、【 男の価値が落ちるから 】そういう発言はやめましょう・・・と言いたい。まあ、無難な発言をしたのだろうけど。(笑)

最近は現れないが(笑)、僕は、【 ホシイ 】と思った女性は、【 絶対に落とす主義の男 】であるが、その前に僕はその女性を【 よく観察する 】事から始めている。勿論、その中には【 金使いが荒くない等のすべての条件 】をクリアした女性だけであるが・・・。(笑)

やはり、僕の【 経験 】では、たとえ【 魔性の女(女性) 】であろうと、その女性の【 本物の心 】を見つけられる男性が、非常に現代の男性陣は、めっきり少なくなってしまったように思えてならない。また、これは僕の【 勝手な理想 】だと思うが、【 普通の女性 】でも、その女性の【 本物の心 】を見つけた時に、その女性も本当の【 心 】を見せてくると思う。しかし、その【 本物の女性の心 】を知ってしまった時こそが、【 本物の魔性の女性 】の始まりなのかもしれない・・・と僕はそう分析している。

だから、世間で言われている、一般に言われる【 魔性の女(女性) 】とは、まさしく、男の欲望から観た女性への【 偏見と差別 】なのだ、と僕はそう申し上げたい。

そして、男性陣のみなさん(笑)・・・、本当の【 魔性の女性 】とは、すぐ近くに座って微笑んでいる、奥様、そして、彼女であるすべての女性が【 男にとっては 】全員、【 魔性の女性 】なのだと言う事を僕の結論として、今回の分析ファイルの終止符としたい。


今回も最後まで読んでくれて、本当にどうもありがとう。

また、このブログを読んで、非常に不愉快な想いをさせてしまった女性の方には、素直に謝りたいと思います。本当にすみませんでした。

今回は、【 いつも以上に 】クールな眼の僕だったと思う。
やはり、女性はいつの世も【 全員魔物 】なのかもしれない・・・。

じゃぁ、またね! (^○^)/





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:綺麗なお姉さん - ジャンル:アダルト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。