FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


仕事とは縛られちゃうから本当の真理を感じちゃうの♪
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

外気温はまだまだ暑いと実感しつつ、日々、仕事をしていても先日の【 立秋 】から変に意識をしているせいか、この原稿を書いている11日は、少々秋らしさを感じる気温になってきていると確信する次第である。その真理がすぐわかるのは、僕の部屋にはエアコンがな~い!(笑)
_(.・)/ ドテ

僕はこの数年、エアコンがない生活をしている。同居している妹と彼氏がいる部屋にはエアコンがあり、毎日、昼も夜も快適な空間であるが、それと比べるとこの僕の部屋は、天と地獄の日々・・・。(苦笑)

ムンムンとする世界で、僕はいつも日々、在宅の仕事を坦々とこなしている。先週は暑すぎて(笑)とうとう耐えられなくなり、2、3日間だけはダイニングキッチンの方で仕事をしたが、それ以外はほとんど自分の部屋の扇風機の前で仕事をしている。実際には人間は体内の循環や新陳代謝をよくするにはエアコンの環境下では過ごさないほうがいいと言われているが、現実の話、現代社会のその【 実態 】の環境下ではエアコンがないと、仕事に【 支障 】がでる会社が非常に今の社会は多いと思う。

また、近年は、【 平等化 】が進んだり、よく【 主張 】されている傾向下にあるせいか、障害をもつ方々の為に、【 室内温度 】は特に気をつけている会社が増え始めていると、先日、あるコンビニで立ち読みした週刊誌に掲載されていた。また、心の病をもつ方々の為に、仕事を円滑に行ってもらう為に、【 室内の温度 】には、充分気を配っている会社が増え始めた事は、ある意味、非常によい傾向性であると僕は思っている。

すべての人々に【 職 】を与える・・・これは素晴らしい事だと実感する次第である。この事により、大きくは社会を豊かにして、小さくは、その働く人々の生活、そして【 質 】すらも豊かになり向上できるその【 会社の功績 】は、僕はいずれ、国や社会が何らかの形で、しっかりと認めなくてはいけない現実が、将来必ずやってくると確信するに至っている。

今回はこの原稿を書き始める前に行った事ではあるが、2通のメールを受信した。その中で【 哲学 】に関する内容のメールをくれた人は、本当に鋭い感性と眼を兼ね備えた方だと僕は実感した。今回メールくれた方々にも、誠意をもって、後日ご返信をしたいと思っている。

今回もメールをくれた方々、本当にありがとう。

それでは、今回の僕のテーマは、この暑い時期、本当に意識して気になってしまう、仕事上での【 拘束 】をテーマに、色々な角度から分析した記事を書きたい。

【 拘束 】・・・。
僕は正直なお話、この【 拘束 】という言葉は好きではない。もともとこの拘束という言葉は、【 監禁 】や【 留置 】等の言葉から使われる意味合いの属性をもつ言葉ではあるが、現実には、現代の社会情勢の状況下が大きく影響を及ぼすせいもあり、各会社の長い拘束時間を意識する為か、近年のサラリーマンからよく出る言葉だと僕は実感している。

また、この【 拘束 】という言葉は、僕がこの仕事をやりつつ、前回退職したバイト先は運送関係の仕事に勤務をしていたが、仕事内容があまりにも【 過酷 】な為か、その長い拘束時間を苦に感じるメンバーが多く、よく折りあるごとに【 拘束 】という言葉を口に出しては、たむろった集団のメンバーの話題の【 愚痴 】として、この【 拘束 】という言葉をだしては日々めげていたのを思いだす・・・。(笑) これは、僕が社会に出て24年間という長い年月を通しての所感であるが、一時、この【 拘束時間 】や【 拘束 】を本当に意識した年代や時代が僕の中にはあった。その中の10数年は、家出の逃避行の時期があったので、誰にも頼れない、一人だけの自立の【 闘い 】が強かったせいもあり、僕の中では【 自立心 】は本当に旺盛に養われたと日々実感している。

しかし、このブログの折々の記事でも書いているが、仕事・・・正確には【 働く 】という事は、本当に人間にとって大切な事であると常々思う次第である。【 働く 】というその行動の中に、人間は【 人生 】を生きる上で、最も重要な【 自分の存在意義 】を知る事ができるからである。そして種々の会社で【 拘束される時間 】の中で、人は常に【 社会と自分 】【 人生と自分 】を真正面からとらえ、常に【 考えさせてくれる 】重要なヒントをこの【 拘束 】される時間から、その人の【 境涯 】の次元で【 何かを悟る 】事ができるからである。

確かに実際の話、人は【 働く 】という事が好きではないかもしれない。現実に過去の人生の折々の【 飲み会の席 】で仕事の話を通して、この【 拘束時間 】の事について色々な論議や意見を交わした事があるが、会社においてこの【 拘束 】される時間の中には沢山の【 意味 】が隠されている。【 社会貢献 】【 団体行動 】【 個人の実力の向上 】【 モラル 】【 法律との隣合わせ 】【 過去の教訓 】【 時代背景 】【 現実社会の実態 】等など、この一例はほんの一握りの一瞬の断面であるが、その他にもたくさんの【 意味 】が人間として、そして【 普通の人 】として生きていく上で重要な意味がこの【 拘束 】という言葉に隠されている。

だが、【 拘束 】という言葉を如実に口に出してしまうと、人間は何故かそれを【 息苦しく 】思ってしまう傾向がある。それは、常に人間は心の奥底で【 自由になりたい 】という【 反発 】を意識した心の欲望が存在しているからである。しかし、この日本のありとあらゆる場所を探しても、実際には【 自由 】などという世界は、どこにも存在しないのは確かな事実ではあるが、ある本で僕はこの【 自由 】をテーマにした内容を読んだ事がある。

【 自由 】とは、常に人間の意識の中に存在はしているが、現実に【 自由 】を手にしたその者の人生は、そこから【 堕落 】という永遠の闘争が始まる時でもあると・・・。これは、あまりにも簡単な表現ではあるが、まともに人間の欲と心理をついた文章だと言える。人間はいつも自由でありたいと考えるが、自分に【 拘束 】という場を与える事によって、自律を正し、人間として【 自分を悟らせる 】役目と【 必然性 】を本質的な部分から知る上でも、この【 拘束 】という世界に自分から身を投じる事によって、【 生きているんだ 】というその【 喜びを知る 】事ができるのである。

こんな事を書いてしまうと、日々ご苦労をされている方々に大変失礼かとは思うが、僕の今の仕事は【 拘束 】という面から考えると結構楽なものが存在している。仕事内容はWeb上ですべて納品ができ、トラブルがあった時だけ出勤する体制なので、変に【 束縛的 】なものを感じる事は少なくなったが、過去の毎日決められた通勤時間と、会社での拘束を伴う仕事をしていた時期から比べると、二つだけはいつも自分に厳しく律しなくてはいけない事が出でくる。

それは、【 時間 】と【 規則性 】だ・・・。今の仕事は時間と規則だけは自分の思った通りに出来る面は非常にありがたいのだが、ふとした弾みで気が緩んでしまうと、昼と夜がずっと逆になってしまったり、何時間も自由に睡眠がとれる事によって、惰眠の日が続いてしまったりする事が出てきてしまう。この在宅ワーカーの業界に入った当初は、本当にこれらの事で悩んだ事が多かった。また【 集団 】から【 離れた 】事によって、【 自己中心的 】な考えに陥る事も多くなるので、【 人の苦労の気持ち 】が理解しずらくなる事も多々出で来るので【 ニュース 】を観る事や日々の【 読書 】は一段と多くなったのも事実である。

また、【 人の観察 】もよく行うようになったのも事実な話である。この原稿を書いている自宅付近には、意外と人の働く姿を目にする事ができる環境の会社がたくさん存在するせいか、自動車整備工で働く人の上司から叱咤されている姿や、ガラス張りの室内で働く方々の様子や、パソコンを眺め、ポカ~ンとした表情で何やら考えている様子など、自然とその光景を目にするようになった。

言葉は違えど、昔から【 人間ウォッチャー(観察) 】は【 大切 】だという話を折々で聞いた事があったが、この在宅の仕事をはじめてから、本当に【 その意味 】が根本から理解する事ができるようになった。ただ、仕事の関係から、まったく自宅からでなくなるような【 引きこもり状態 】に陥る時が多々出てくるので【 気分転換 】として、【 意識 】して外には出るように常日頃、自分から心がけているようにはしている。

また、あまり外に出ない日が続くようになると、恐ろしいかな、同居している【 妹 】は介護士の仕事をしているせいもあり、【 何かの危機感を感じる 】らしく、よく注意を受ける事は、僕にとって大変ありがたい環境と存在であると日々思うようになった。【 好きこそ物の道理かな 】という言葉があるが、妹の仕事も時間的に【 不規則な拘束時間 】の中で日々ある病院で働いているが、妹は本当に介護という仕事が【 天性 】の仕事と本人も自称し、仕事上で嫌な事も多々あるらしいが、【 喜びいさんで 】毎日、寝坊もせずに働きに出ている。

僕も同じである。現在の仕事のスタイルは非常によく自分に【 フィット 】している。またパソコン狂信者でもある自分にとっては、この上ない天職だとも思っている。ただ、今の仕事は契約後に【 トレーニング 】を終えた後は、一切自分の【 力 】で仕事上でのトラブルは解決しなくてはいけない【 闘い 】がある。そのトラブルは【 自分のパソコン側 】なのか、それとも【 オンラインの通信状態 】なのかとか、【 相手のシステム側 】の【 エラー 】なのかをすべて自分の知識の【 判断 】で処理をしなくてはいけない。

【 拘束 】という世界は、現代社会において【 自分を知る 】上で最も大切な【 役割 】を果たしているが、目に見えないその【 根本 】は、どの分野や世界においてもまったく【 無意味 】なものではなく、逆に【 最も重要 】で、自分の【 立場 】と【 人生の意味 】、そして【 自分の存在 】をしる上で最も重要な【 意味 】を果たしているのが【 拘束 】なのだという事を今回の僕の結論として、今回の分析ファイルの終止符としたい。

今回も最後まで読んでくれて本当にありがとう。

このブログを更新した後に、今度は意識した自分の時間として、また【 北斗の拳 】を二時間ほどプレイした後に、本日の僕の一日が終了かな♪(笑)

じゃぁ、またね! (^○^)/





スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:オタクの日記 - ジャンル:アダルト


僕らのカラダのバイオの力は無限のENERGY!
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

それでは、今回の僕のテーマは、すべての人間が【 生きる 】為のバロメーターとしてよく語られる【 バイオリズム 】について、色々な角度から分析し記事を書きたいと思う。

いよいよ、来月は8月を迎えるというのに、この涼しさはいったいどういう事であろうか・・・!?

確かに、梅雨時期は涼しい日もあるが、去年はこんなに肌寒い梅雨の日はなかったように記憶している。最近は気候のせいか、まだ厚手のかけ布団をかけて寝ているせいか、よく熟睡はできるが正直な話、この記事を書いている日の僕の現在の体調はあまりかんばしくない・・・。

誰でもそうであるが、僕の場合もやはり体調の【 周期(リズム) 】があって、前日は、物凄く体調が悪かった・・・と思っていても、睡眠時間はそんなにとっていないのに、次の日はメチャメチャ気分爽快という時もあるから、本当に人間の身体は不思議で、常に【 活動 】が止まっていないとつくづく実感する次第である。

最近ではなくなったが、昔の失業時代は、最悪な体調のリズムが続いていた。まあ、就職活動が終わったその日の、後の予定といえば、【 暇 】をつぶすくらいのお粗末な生活ではあったが、これは運命の悪戯か、はたまた天使のお遊びか、【 ついていない時 】に限って、ずっと体調の悪い日が続いたり、目の前に探している【 物 】があるのに、そう言うときに限ってまったく視界に入らず、3時間も4時間もどこだどこだ!・・・と、バカ見たく執着する探し方をしていた年代が過去にはずいぶんとあった。(笑)

ようするに、上記のような内容のアホ臭い失敗は【 自身の管理の問題 】なのであるが、過去の記事にも書いたとは思うが、人間の生命と、その自身を取り巻く環境は非常に密接に関係していて、【 常に隣り合わせ 】の関係にあり、自身の心が【 乱れれば 】その取り巻く環境下も不思議と【 乱れる 】結果に陥るのである、と書いたと思う。

また、上記のような経験にしろ、ちょっとした【 集中力 】と【 記憶力 】さえしっかりとしていれば、3時間も4時間も探さずにすむが、【 集中力 】と【 記憶力 】も、また人間にとって、精神面の中では非常に【 緻密かつ精密 】につながっている為、【 淡い記憶 】の中での【 行動 】はすべて【 裏目 】の結果に陥る時が多々あるのである。

だから、探すだけ探して、結局はその探し物をあきらめて、精神状態が安定した時に、【 周囲 】を冷静な目で見渡したら、室内のすべてが雑然としていて、余計な【 仕事 】も増えてしまい、【 探し物 】は、テーブルの【 ちょっとした死角 】に隠れていただけで、よく見渡せば発見できるのに、【 余計な時間 】ばかりだけが過ぎただけて、すべての予定した内容が大幅に時間的にもズレ込み、大きな【 生活の悪循環 】を及ぼしてしまうのである。

だから、過去の記事にも書いたが、心のメリハリは本当に大切だと、このブログを読んでいるすべての皆様方にそう申し上げたい。

このような例は、僕の人生において、ほんの一部の失敗談ではあるが、本当に過去の僕は、この悪しきリズムにとことん苦しめられた覚えがある。それが周期的に襲ってくるし、現実の生活は苦しいときているから、焦る気持ちを抑えての【 逆境下の生活 】は、本当にたまったものではない。(笑)

このブログを読んでいる皆様も、このような経験は少なからず、1度や2度は過去に体験していると思う。また、その周期的なリズムに現在でも苦しめられている方々も現実には非常に多いと僕は思っている。

ちょっと話は【 深い次元 】に突入するが、宇宙全体を【 一つの生命体 】として考えた時、我々は【 その中 】で生きている訳だが、その生命体は常に【 あるリズム 】をもち、常に【 動いている 】。【 宇宙全体 】は一つの【 規則的で普遍的な法則 】が実際に【 存在 】し、それを基にすべての森羅万象の現象がすべての【 縁 】に働きかけて結果を促しているが、その中で生きる我々の【 生命 】も、眼には見えないが、【 宇宙の生命と融合 】をもち、常に【 何かの生命の根源 】に支えられながら各々の生活を送っているのが現実の姿だと言えよう。

その中で、各々個人の生命は、【 国土の環境下 】が違う為に、その環境下の【 条件にそったリズム 】が体内にあり、それが大自然の法則にのっとりながら絶妙に【 己自身のリズム 】を【 大自然の法則と融合 】させて、その【 宇宙と自分 】のバランスも一定の【 普遍的な法則 】を常に保ちつつ、それぞれの【 生命のリズム 】を現在の【 結果 】として現して生活している・・・と言うのが、あまりにも浅く広く言ってしまった、生命哲学の論理の結果論である。(笑)

皆様もたまに耳にする、バイオリズムとは、【 生命 】を意味する【 バイオ 】と【 規則的な運動 】を意味する【 リズム 】の【 合成語 】であるが、生命体の【 生理状態 】【 感情 】【 知性 】などは【 周期的なパターン 】に沿って変化するという仮説を示したグラフがバイオリズムと言うものであるが、人間のバイオリズムの場合は、【 身体 】【 感情 】【 知性 】の3種類の【 波 】を用いて説明しているグラフが、ごく一般的にも眼にしているモノである。

僕が過去に読んだバイオリズムの専門書で学んだ内容では、各【 波 】のリズムは、【 誕生日 】を基準とする【 同じ振幅 】の【 正弦波 】として表され、【 身体のリズム 】は23日、【 感情のリズム 】は28日、【 知性のリズム 】は確か33日の周期でグラフを描いていると、僕はそう記憶している。

そして、これらのリズムは、【 一定の周期 】でくり返されるため、【 未来の自分 】の【 身体や精神の状態 】を前もって知ることができるとされているのが現在のバイオリズムの世界の【 結果論 】である。また、その時の波形の【 高低 】で【 高調期 】【 低調期 】などと区別はされているが、【 高調期と低調期の切り替り点は 】体調が常に【 変動しやすい 】とされ、【 注意が必要な日 】だと、その専門書にはそう書かれていた記憶がある。

また、数学的な話ではあるが、23と28と33の【 最小公倍数 】は21252であり、バイオリズムが【 完全 】に【 一巡 】するには、およそ【 58.2年 】かかる計算になると言われている。

だから、僕の【 リズム 】が完全に一巡するまでには、まだまだ先になる、と言う事になる・・・。
(ーー;)

また、最近の【 バイオリズム 】の世間話では、【 本来 】の意味から外れて、ただ単に、【 体調の波 】を言ったり、【 月経周期の隠語的言い回し 】として、バイオリズムという【 言葉 】が使われる事があるようである。

人間は、体内の体調のリズムで、本当に【 人生や運命 】も変わってしまうが、僕は本当に失業時代は、色々な【 リズム 】で生活が大変であった。どんな時も、常に【 希望 】だけを頼りに生きてきた為に、色々と人生、遠回りな結果ばかりを抱えて生活していたが、やはり【 現実はお金 】であるのは皆さんもご承知であると思う。(笑)

リズムがこうだ! 体調がこうだから・・・と言って仕事を休んでしまえば、体内のリズムよりも、もっと壮絶な現実のリズムが人間界では常につきまとうのが【 現実の姿 】であり、ある意味、【 非情な世界 】だとも言えるかもしれない。

そう言う意味からいえば、本当に、世の【 女性 】は【 本当に強い 】と、僕は言いたい。毎月嫌でも訪れる【 月の使者 】がこようと、我慢して仕事に行く女性は本当に素晴らしい【 決意の姿 】だと、何回も思った時期があった。

これは、【 比較する事態 】が誤りかもしれないが、生命論と【 現実の生活論 】は、実にどこまていっても、人間の心の中では【 割り切れない矛盾 】が・・・常に付きまとっているようにしか思えない・・・というのを、僕の結論として、今回の分析ファイルの終止符としたい。


今回も最後まで読んでくれて本当にありがとう。

さあ! 明日もバイオの力で、生き生きと元気にがんばろうじゃないか!
でも、さむぅ~い。(○o○) ぶるぶる・・・。

じゃぁ、またね!
 (^○^)/





テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


脳みそを鍛える事によって不老長寿は完璧なのか!?
みんな、今回も読みに来てくれて本当にどうもありがとう。

さて、今回の僕のテーマは【 勉強 】をテーマに、色々な角度から分析し記事を書きたいと思う。

人生において、【 勉強 】は、己自身の上からおいても【 生涯 】欠かせられない【 仕事 】のひとつだと思っている。ある本を過去に読んだ時、【 勉強 】についてこう書かれていた事を記憶している。

【 勉強 】とは種々の見識があるが、ひとえにそれは【 将来の社会貢献への奉仕 】にすべては凝縮すると・・・。

【 勉強 】というと、少年期から高校卒業までが、【 普通 】のスタイルになっているが、現在では、【 大学 】を目指す人々が増えた事は非常によい傾向性にあると僕は確信している。僕は大学への進学は家庭の事情から断念しなくてはいけない身ではあったが、当時の僕は大学進学への道を断念せざるおえなかった時は、非常に父親を恨んでしまった覚えがある。

しかし、残念な所感も僕は持っている。今の現代、大学の修了過程を手にしていても、実際の社会現場では、まったくその【 学歴 】が活かされていない人々が非常に【 多い 】という現状だ。僕がそれを常に思うようになったのは、過去に小さな運送会社に勤めていた時、親しくなった【 友人 】と、ある日、居酒屋で二人で飲み会をしている席での会話で、【 学歴 】の話題で不思議と盛り上がり、その中で、僕が相手の先輩の最終学歴を質問した時、その先輩はなんと、【 東京大学の経済学部 】の修了課程をもっていた方で、その日の飲み会は、この話から変にしらけてしまった覚えがある。(笑)

そのしらけてしまった理由は、僕がその方よりも【 低学歴 】で僻んだのではなく(笑)、僕が【 人生の抗議 】をしてしまったからである。人間の【 会話 】、正確に言えば、【 相手との会話 】において、絶対にいつも【 注意 】しなくてはいけないのが、【 型に当てはめて、そうだと決め付けたように、【 押し付けた 】】ような会話は絶対に【 禁物 】だと申し上げたい。

僕は、色々な苦しい経験から学んで、それ以降、相手との会話は、常に注意を払って会話をするように心がけている。僕は、過去の記事にも書いたことがあるが、【 高度な頭脳 】をもつ人間は、【 人類の発展 】、【 社会の発展 】にその【 能力 】を発揮せねばいけない【 使命 】をもっていると過去に書いた事がある。これは【 押し付け 】ではなく、世界の最高識者とよばれる方々の分厚い見聞論を読んでも、ほとんどの見聞論にそう書かれているから、たぶんこの僕の書いている話は間違いではないと思う。

確かに、その【 会社の先輩 】にも、僕の知らない事情と言うものがあるとは思うが、それにしても、選択した就職先が・・・。(笑) このような事を書くと、その会社に東大出身者が働いていて何が悪い! と、なってしまうが、確かに給料は、大卒の基本給をもらうかもしれないが、あまりにも人生の選択肢の視野が【 狭すぎる 】と僕は、その先輩に抗議してしまった。まあ、その時は、喧嘩にはならなかったが、その先輩は「君の言っている事はすべて間違っていないと思うよ・・・」と、言っていた事を僕は今でも鮮明に覚えている。

これは、よく社会や会社で耳にする時があるが、【 勉強が出来ても、仕事はまったくダメ 】という事を、過去の上司はよく口にしていた方がいた。

確かに、そう言われる【 対象 】の方の仕事ぶりを拝見しても、まあ・・・納得せざるおえない【 段取りの悪さ 】を感じてしまった時も過去には多々あったが、その同僚の人とも、ある日設けられた飲み会の席上で、何気なくその人に聞いた事がある。その人の僕への返答はこうであった。【 卓上の計算は決められた方程式通りに計算すれば答えがでるが、仕事は常に変化していて答えが出にくい 】と・・・。

しかし、これは、【 大学出身の方々 】を対象にして話すが、やはり、大卒の方々との会話は、普段の会話にしろ、専門分野の話にしろ、どの方々も一歩深く追求した【 眼 】をもっているという事だ。また、社会全体を見渡し、【 こうではないか? 】という的確な【 的 】をしっかり抑えて話をする事ができるのは、やはり、ほとんどの【 人 】が【 大学出 】の方々ばかりであったのは、過去の人生においての僕の実感である。

僕が過去に読んだ、ある有名な著名人の本にこう書いてあった。

【 勉強とは、苦しむ民衆を救う為にある 】と・・・。これは素晴らしい発言であると僕は思った。今でもその所感には変わりがない。僕は正直な話、少年期の頃は、どちらかと言うと、勉強は好きなほうではなく、遊ぶ方を優先にした人生を送ったが、中学の頃からその姿勢は一変した。もちろん、その理由の根源となったのは、【 だらしなき父親の失態 】からであるが、【 勉強 】という角度からお話を進めたいが、【 読書 】は、生涯続けた方がよいと、これは確信してこのブログを読まれている方々に、そう僕はお伝えしたい。

小説もしかり、歴史の本にしてもしかり、そこには【 知らなくてはいけない知識 】の宝庫が沢山詰まっているからだと申し上げたい。これは、私事で大変申しわけないが、昨日、前に辞めたバイト先の青年のメールにも返信した事であるが、その青年にも読書は続けなさいよ・・・と激励したが、その青年も、人生においてたくさん苦労をしてきた青年ではあるが、現在は、通信教育を通して、将来の目標に向かって、日々こつこつと努力している青年が僕には一人いる。

僕はその青年にも飲み会の席や、折りあるごとに話をしているが、【 正しき頭脳は、人類の貢献に使わなくてはいけない 】と、いつも言っている。

【 教育 】とは、人格形成や認識や判断を向上する為に、その一環として重要な役割を果たす目的があるが、【 社会 】を良くする為にも、また、大きな視野で見つめた時も、【 人類 】の未来の運命は、すべて【 勉学の質 】によって決まってしまう・・・という事だ。

よき【 大学 】をでて、いかにその行く末が【 名もなき小さな会社 】であったにせよ、その小さな【 輝く質 】の集まりによって、大きくは【 社会全体のレベル 】が間違いなく少しずつ【 向上化 】するのは間違いないと僕は確信する次第だからである。

また、【 未来の繁栄 】を願った時を考えても、そこには間違いなく【 正しき教育 】の姿があるのは間違いない話である。

【 勉強 】は、常に大切な事である。

けして、専門分野を勉強しないさいと、ここでは【 押しつけている 】訳ではないが、何でもいいと思う。自分の得意とする【 分野のマニアック 】になってもよし、【 人間とは何か? 】を追求するもよし。また、仕事の世界では、自分に与えられた【 その仕事をとことん色々な角度から追及 】する事もよし。

すべては、【 社会貢献 】を自分の【 心 】から【 強く 】【 自覚 】して、それに向かって、【 熱く持続できる何か? 】を創る、そして見つける事が、【 己の人生 】において、最も重要で、【 誰も教えてくれない本当の人生の目的 】なのだと僕は申し上げたい。

また、この【 勉強する 】においては、ある専門分野の分析でも、【 長寿 】の秘訣でもあるらしい。つまり、僕の年齢においては大変ありがたい話ではあるが、【 勉強 】する事によって、【 老化現象 】を抑えてくれる【 働き 】があるそうである。つまり、【 脳の活性化 】に多大に身体に大きく影響してくるという事である。

これは、昔も今も、よく先輩陣がたまに言う発言であるが、【 生きているうちに頭はとことこん使え! 】という言葉は、誰しも人生の中で聞いた事や耳にした事があると思う。

これは、つまりは、【 学習能力を高めよ! 】と言うのが、本来の意味ではあるが、まったくその通りなのだと申し上げたい。

あとこれは、気がついた方は少ないと思うが、【 脳 】を使えば使うほど、ホルモンの分泌がよくなり、次の日、起床と共に鏡で自分の顔を見たとき、肌が艶々しているのに気がついた人は、たぶん少ないと思う。また寝不足をして肌がカサカサだと言うのは、当たり前のように聞く話だが、【 頭を使った 】日に限って、睡眠後の自分の肌は、変にツルツルなのは不思議な現象としかいいようがない。

つまりは、人間の生きる【 妙薬 】は、すべては【 脳 】を【 鍛える 】事により、生き生きとした【 生命力 】が湧き出てくる【 源 】なのだと申し上げ、今回の分析ファイルの終止符としたい。

今回も最後まで読んでくれて、本当にありがとう。

この時期は、本当に【 疲れる 】日が多くなります。
よく【 睡眠 】をとり、明日の鋭気を養って、共にがんばりましょう!

じゃぁ、またね! (^○^)/





テーマ:日記 - ジャンル:アダルト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。