FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストレスは常にトバッと一発リフレ~ッシュ!
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

さて、今回の僕のテーマは、【 ストレス発散 】をテーマに、現代におけるストレス発散を徹底的に追求し、色々な角度から分析した記事を書きたいと思う。

現代の社会人において、精神面に蓄積する【 ストレス 】は本当は、多大であると毎日のように実感する今日この頃である。この、日々溜まっていくストレスをいかに効率よく【 発散 】するかによって、精神面の軽さで、日々の生活をより楽しく過ごせる事は、みなさんもご承知の通りであると思う。

現代の【 ストレス 】は、イコール【 不満 】が基本的な考えであるが、今回の分析は、【 深く 】は追記せず、【 広く浅く 】の角度から色々分析したいと思う。

現代のストレスは、実に様々な次元と角度から【 圧迫 】や【 プレッシャー 】から来る、多種多様なストレスの【 原因 】を抱える方々が実に多い。会社においては、各々の立場から、上司、末端においては人間関係や納期の関係であおられる【 不満の元 】によって、ある種、【 常に張り詰めた緊張感 】からくる【 ストレス 】が大半の姿であると言ってよいだろう。

また、一般家庭の次元からストレスを見つめれば、女性においては、代表的にあげられる例は、ダントツで【 子育て 】だと言われている。僕はある素朴な疑問として、このストレスに関する本を、図書館に行くたびによく読むが、女性がほぼ毎日生活の中で関わっている【 家事や料理 】は、意外とストレスの原因にはなっていないのが現実としての事実らしい。

まあ、中には、【 それが嫌いでストレス 】の原因になっている女性も、大なり小なり存在するみたいだが、この【 家事や料理 】の面に関しては、一般的な角度からの認識と判断ではあるが、【 身体を動かす 】という面から逆に【 ストレス発散 】になっているらしい。これは男性に取っても、ある意味、本当に羨ましい限りであると僕は常に思っている。

この【 家事や料理 】に関しては、心の【 対象物 】として相手が存在する事によって、【 善き評価の結果 】をもたらす意味でも、【 見返り 】と言う表現を使用して申しわけないが、心に【 やすらぎ 】【 充実感 】【 開放感 】、そして一番に精神面を開放する【 結果 】が何よりも重要な部分を占めているらしく、その上で【 ストレスの開放 】が女性の世論調査において過半数の方々が【 家事と料理 】に関しては、【 逆にストレス発散 】になっている返答したそうである。

逆に、女性のストレスになりやすい原因は【 何か? 】という質問に対しては、専業主婦においては、ワースト一位は【 一人で寂しく毎日が暇 】とか、亭主の【 浮気 】とか、【 夜の営みがなさ過ぎる・・・ 】という、ある意味、【 実感と感覚 】の方が、女性においてはストレスになっている傾向性が多いようである。

また、男性の【 ストレスの原因 】のワースト一位は、当たり前かもしれないが、ダントツで【 職場 】【 人間関係 】【 シタクモない接待 】【 上司の発言 】【 住宅ローン 】と答えた方が、大半を占めていたそうである。

今回の分析ファイルでは、学生や未成年のストレスに関しては、省きたいと思っている。今回は【 社会人 】の角度から、テーマを進めていきたいと思う次第である。

この専門誌を読んで、意外性を感じたのは、【 お金がない 】【 旅行に行けない 】【 レジャーが出来ない 】と答える方は、その雑誌の現代のストレスランキングでは、10位以下にあると言うところが、今回のポイントと言ってもよい。つまり、人間の【 ストレスの原因 】となるモノは、未来の計画性の分野にはあまり重要視として見られておらず、逆に【 ストレスの原因 】となっている事は、【 ほとんど 】が、自分と身近で【 現実に接している環境 】が多大に精神面に影響を与えているという事実が今回の【 テーマ 】の最大のポイントとなると思う。

上記のポイントを踏まえて僕自身の事に置換えても、やはり上記の男性ワーストランキングは確かに間違いではない【 事実 】であると確信する。(笑)

では、次の課題となる事は、どうすれば【 ストレスを上手に発散出来る 】方法になってくるが、このストレス発散の仕方には【 それぞれの人のスタイル 】が存在し【 コレ 】という確定論がないのが【 本当の結果 】に陥ってしまう可能性が大ではあるが、誰しも共通する【 点 】は、やはり、【 身体を動かす 】【 趣味をもつ 】【 大きな声を発する 】という三大法則があるが、3つ目の【 大きな声を発する 】に関しては、普通に考えて【 自宅 】でそれを行なった場合、周囲の眼もあり、なかなか実行や実現しずらい事が沢山でてきてしまうで、これに関してはやはり【 カラオケ 】がベストな考えになってしまうのが、現実のほとんどの【 姿 】のようである。

次に男性のストレス発散方法のベスト一位は、ダントツで【 酒や飲み会 】と答えた方がほとんどのようであったが、これは確かに僕も【 確信 】するところである。(笑)しかし、【 酒 】をストレスの発散場所に求めてしまうと、次の日に影響がでてしまうのが非常に【 ネックではあるのだが・・・ 】(苦笑)

僕は、長年にわたって、色々な人間を見つめてきたが、その長い人生において、ひとつの不思議な結果を眼にする事ができた。これは、【 相手 】をよく観察する【 眼 】が大切になってくるが、相手と色々な会話をする中で、僕はたまに【 趣味 】のお話を持ち出す時があるのだが、僕は、【 趣味がある 】と答えた人に限って、不思議と【 日々、元気がある人 】がけっこう多く、逆に、【 僕は無趣味なんだよね・・・ 】と、答えた人に限って、何故かその【 表情に輝き 】が見られない人が多い事を、僕はこの20年で人間関係から【 発見 】した事である。

皆様も、上記の内容は、暇があって友人と、もし同じような話題を持ち出したとき、【 相手の表情をよく観察 】してみてはいかがなものでしょうか?(笑)

それでは、僕の今回のテーマの結論に移りたいと思う。

人間における【 ストレス発散 】の上手いやり方は、【 自分が何かに没頭でるモノ? 】で、プライベートの時間を【 有効 】に使える中で、徹底的にそれを【 追求 】できる時間を出来るだけ多くつくる事が【 ストレス発散 】の有効的な時間帯と方法なのではないかと僕は確信する。

やはり、そう考えてくると、行き着く場所は【 趣味 】に収まってしまうが、【 趣味 】こそ最大の人生の【 ストレス発散の時間 】だと思う。まあ、この結論は、他の雑誌等にも掲載されている事で、あまり【 新鮮味 】がない結果になってしまうだろうが、【 方法が悪いストレスの発散の仕方 】はあとに変な罪悪感や後悔が残り、逆に【 ストレスの原因 】になる可能性があるからである。

基本は、やはり、【 運動 】が一番ベストなストレス発散のスタイルらしいが、現代の現実では、なかなかそれが【 難しい現状 】と言えるかもしれない。

女性陣に関しては、自宅で時間がある方が、今の現代でもまだまだ多いようではあるが、そう言う方の意見を読んだりすると、【 私はヨガを自宅でやっている 】とか【 ウォーキングをしているとか 】【 ストレッチ 】をしているとかの例が上げられていたが、その回答の中でも一番僕が面白いと思ったのは、あるご婦人で、【 私のストレス発散は、団地の奥様方との朝の井戸端会議よ♪ 】という発言があったのは、これは僕にとって、最高にウケた記事であった。(笑)

と言う事をまとめると、【 ストレス発散のポイントは・・・ 】【 自分の時間を作る 】【 身体を動かす 】【 大きな声をあげて笑う 】【 自分が没頭できる何かを見つけて実行する 】の5つが現在の所の【 ストレス発散の方法 】と言う事になると思う。

その中で、この上記の5つで共通している事は、【 常に悩みを忘れる時間が存在している・・・ 】という事である。現代は、本当に【 悩みとストレス 】は現代病といえる特色をもっている。この【 ストレス 】を上手く克服するかによって、日々の個人の【 心の健康 】は保たれる・・・という事を僕の結論として、今回の記事を終了したい。

今回も最後まで読んでくれて、本当にどうもありがとう。

早いものでもう、七月の中旬まで来てしまいましたね。
梅雨が明けるまでもう少しだ。
お互い、元気に暮らして、楽しい【 夏 】を満喫しましょう!

じゃぁ、またね! (^○^)/




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


テーマ:日記 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/10-f6c62941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。