FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


進歩の中に僕達の生きる価値が眠ってちゃダメよ~!?
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

それでは、今回の僕のテーマは【 携帯電話 】をテーマに、色々な角度から分析し記事を書きたい。

【 携帯電話 】・・・。ざっと振り返ってみれば、15年前は本当にこんなに普及するとは思いもしなかったのが、僕の本当の所感である。(笑) まあ、皆様もそのような【 感覚 】は、大なり小なり心にお持ちだったかと思う。

これはかなり前の話ではあるが、数回前の記事にも書いた通り、僕は昔、運送業でドライバーをしていた当時は、かなりの高給取りの男であった。とりわけその当時は彼女とも破局をむかえ、親友と夜な夜な【 お店 】に出かけては遊びほうけていたのだが、当時の僕は【 新しい物好き 】だったこともあり、世間ではあまり【 眼 】にもされていない、【 超~分厚いフリッパー型のIDOの携帯電話 】をもっていた。

もちろん当時の僕は、金銭感覚もかなり狂っていたので、その持っていた携帯電話も【 お店のホステスをくどく為のモノ 】のような代物であった。しかし、当時はまだ現在みたく【 一人に一台 】というような【 お手軽的存在の品物 】ではなかったので、【 夜の帝王 】にとっては、ある意味【 画期的なアイテム 】であった。(笑)

当時は、携帯電話と言えば、【 大きな会社の社長や役員クラスの人 】くらいしか、その時代は所持できなかったと記憶している。だから、当時の僕の夜遊びは、異様なほどに僕の心を加速させた。(苦笑)
(^^ゞ えへへ・・・。

当時から15年あまりが経過して、現在では【 一人に一台 】が当たり前の時代を迎えてしまったが、しかし、その現在の【 携帯市場 】は、どのメーカーも苦戦状態をしいられているのが現実の姿だと言えよう。10年前までは、やはり【 携帯電話の王者 】は、IDOとNTTドコモが圧倒的な強さを見せていたが、現在では【 京セラグループ 】や【 ソフトバンク 】の攻防戦もなかなか見事だと思っている。

しかし、最近では【 ソフトバンクも0円通話 】のサービスを開始してから、その売上の伸び率も、かなり急上昇を見せているとは聞いてはいるが、現実はそうでもないのが、ソフトバンクに勤めている友人のつい最近のお話であった。

日本国の【 携帯電話の定義 】についてお話するが、日本国内における【 電気通信役務 】の区分では、かつての【 自動車電話から発展した電話網 】を指している。また、【 無線設備規則 】の用語では【 携帯無線通信 】と定義されていた。また、各種の公的な統計などでは、【 第二世代デジタルコードレス電話 】を【 起源 】として、【 異なる発展 】をしたPHSを扱う場合には、【 通例 】【 携帯電話・PHS 】と記し、【 携帯電話 】には【 PHS 】は含まないそうである。

また、各種【 電波法令上 】では、無線局免許状が必須な、『 携帯電話端末 』を使う携帯電話と、【 免許不要局 】な小電力無線設備な【 PHS端末 】を使うPHSとして、両者は明確に区別されている。最も、無線局免許状は事業者が管理するため、利用者が違いを意識する事は無い。総務省の資料などでは繰り返し『 携帯電話・PHS 』と併記するのを避けるため【 携帯電話(PHSを含む) 】と一度だけ表記し、後は『 携帯電話 』とのみ表記する場合が多い。【 携帯電話不正利用防止法 】の用語では、携帯電話・PHSによる音声通信が【 携帯音声通信 】と定義されている。

そう言う中で、ある携帯雑誌ではこう書かれていた。現在の日本の携帯電話メーカーのうち、【 最大の生産量の事業者 】が、世界市場のシェアでは1パーセントを【 下回る 】ようにまでなっており、【 日本の携帯電話機器(端末・通信設備ともに)産業 】は【 近い将来の消滅が予想 】される状況にある・・・とそう記載されていて、僕の実感は【 そうかな? 】が本音であった。(笑)

これは、ある最近の日本史から学んだ事であるが、携帯電話の構想は、電話機が考案されて【 間もない頃 】からあったそうである。電波を使用して無線で通信ができ、尚かつ、人間同士が音声にて会話することが【 夢 】として描かれていた。モールス符号を用いる【 無線電信機は携帯電話の元になる技術 】であり、これが携帯電話の【 可能性 】を考えさせるものであったが、実用化されても爆発的に普及するようになる物だとは【 この時点 】では考えられていなかったらしい。具体的な研究は古くから行われてきたが、電波のノイズの問題やバッテリーの問題、また通信速度など多くの問題により電話機が【 非常に大型 】になってしまうが故に、【 携帯ができる物 】ではなかったという現実があるらしい。

1960年代に突入すると、【 両手で持ちながら会話できる 】ほどの大きさまで【 小さく 】することができた。それでも【 すごく重く 】、短時間の通話でも【 疲れてしまう物 】であったが、1970年代になると【 頑張れば 】片手で持てるほどの大きさまで【 縮小 】することができた。これは1970年に大阪府で開催された日本万国博覧会に【 ワイアレスホン 】として出展された。

1980年代になると事業として成立するようになり、一部の先進国で【 車載電話機 】として携帯電話機の販売、及びサービスが開始された。この頃は固定電話機と比較すると【 導入価格 】【 通信費用 】は【 共に現在の数十倍 】であり、また通信エリアも【 都市部だけ 】に限られていたため【 余程の理由 】が無ければ導入できなかった。1978年、AT&Tと言う会社とモトローラの会社に【 実用化実験許可 】がおりた。1979年日本で【 世界初 】の実用化。1981年バーレーンとスカンジナビアで実用化。遅れをとったアメリカもレーガン大統領へのモトローラからの【 直訴 】により1981年に実用化になったと書かれてあった。

そして1990年代に入ると普及していき、本体に【 液晶ディスプレイ 】が搭載され始めた。1990年代半ばには【 通信方式がアナログ 】から【 デジタル 】へと移行し、【 着信音に好みの音楽が設定できる 】着信メロディや、ポケットベルと【 連帯したメール 】が使用できるようになった。1990年代【 後半 】には【 インターネット網への接続が可能 】となり、通信速度が格段と向上し、【 画像 】や【 JAVA 】を使用した【 ゲーム 】などの通信が可能となった。つまり、結論的には1990年代が特に加速をつけて【 進歩 】し続けたと言う事になるだろう。

更に近年である、2000年代に入ると【 第三世代携帯電話 】が登場し、【 テレビ電話 】が可能となったほかに、【 パソコンと接続 】して高速な【 データ通信 】が行えるようになった。また【 発展途上国で爆発的に普及 】し始め、2006年時点では【 約20億人が携帯電話を持っている 】とも言われるようになったそうである。

とまあ、ざっと大まかに日本史の内容をかなり縮小してまとめてみたが(笑)、色々な分野の事を平行に考えてみると解ってくるが、この1990年代~2000年までの間は、パーソナルコンピューターも実に【 進歩 】した時代であると言ってもよい。つまりは、自分達の知らない【 世界 】で、携帯電話の研究開発とパーソナルコンピューターの研究開発の【 連動化 】も【 将来を見込んで 】その計画が【 平行 】に進められていたと言う事になる。

現在ではソフトバンクから発売されているが、液晶テレビと携帯電話の連動で、携帯電話でも、実に綺麗な映像でテレビも観られるようになった時代へと突入したが、これから20年先の技術の進歩は実に楽しみである、と思っているのは僕だけではないと思う。この原稿を書いている【 この瞬間 】にもその研究は進められ、止まる事を知らずに一歩一歩着実に【 進歩 】していると言う事は、本当に【 驚異 】の世界だとしか言いようがない。

僕の【 勝手な予想 】では、たぶん将来の携帯電話は、【 耳の中 】に入ってしまうような、【 極小な携帯電話 】ができる時代に突入するに違いないと僕はそう思っている。また、近い将来、【 これは開発中 】と、ある雑誌には公開記載されていたが、現在、衣類に張れるようなフィルムほどの【 薄さ 】で、モニター付きの【 携帯電話 】と【 携帯テレビ 】が開発されているらしい。

その商品もあと10年後には、きっと開発が終り販売されていて、次の次世代新機種の開発が更に進められているに違いないと思う。そう考えた時、ゲームの世界においても【 ゲーム機 】と【 人間の人体の結合 】を可能にしたシュミレーションゲームや、ロールプレイングゲームも開発されて、そのゲームの世界も実に【 リアル 】な仮想現実のバーチャルな世界の中で、それらのゲームを楽しむ時代がやってくるに違いないと僕はそう確信する。

時代は常に【 進歩 】している。携帯電話にしろテレビにしろ、そしてパーソナルコンピューターにしても、【 使う側の我々 】は、その商品を使って【 楽しんでいる 】のがほとんどであるが、その一つ一つの部品の【 完成された努力の結晶 】には、どれだけの人間の【 汗 】と【 苦労 】の【 労力 】が託されたかの、その【 事実と真実 】は、いつも知らないで日々、我々は使用している・・・。

しかし、その【 機器類 】を開発しているのは、すべては【 人間 】であると言う事は、その商品の結果から【 人間の無限の可能性 】もまた、毎回の【 進歩 】で証明されていると言ってもよいだろう。そう考えた時、一人一人の男女の【 生まれてきた使命 】は、一人残らず【 大切な宝庫 】の集まりで、一人もこの世に誕生した事は、【 無 】ではないのだ、と僕はそう申し上げ、今回の分析ファイルの終止符としたい。


今回も最後まで読んでくれて、本当にありがとう。

昨日の昼間は暑かった・・・完全に昼間は、おひさまにKOされました。(笑)
いよいよ来るね、本格的な夏が!

じゃぁ、またね! (^○^)/




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


テーマ:オタクの日記 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/18-a0a6e179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本万国博覧会日本万国博覧会(にほんばんこくはくらんかい)は、大阪府吹田市の千里丘陵(約350ヘクタール)で、183日間の会期(1970年3月15日 - 9月13日)で行われた日本で最初の国際博覧会。別名:大阪万博、EXPO'70。バンパクと親しまれ、「人類の進歩と調和」をテーマ 大阪探索どっとこむ【2007/08/01 10:28】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。