FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


摩訶不思議アドベンチャー時空を超えるとその実態はハニーフラ~シュッ!?
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

今回の更新は、少々日があいてしまった。この間、僕は何をしていたのかと言うと、実はこの原稿を執筆しているノートパソコンのOSを変更していました。今までは、だいぶ無理をして、少々【 重いOS 】をパソコンを載せていましたが、最近ではけっこうそれもうざったく(笑)とうとうワンランク落とした【 軽い 】OSの再インストールを決行しました。

再インストールも成功して、自分専用の【 お好みの設定 】になるまで、やはりだいぶかかってしまいましたが、しかし、今は軽快のサクサク状態で原稿が書けるので、けっこう快適に作業ができるようになりました。
(^^ゞ へへ・・・。

それでは、前置きは長くなってしまいましたが、今回の僕のテーマは、夢と希望が溢れる摩訶不思議アドベンチャーの【 タイムマシン 】をテーマに、文字数の制限が許す限り色々な角度から分析した記事を書きたい。

【 タイムマシン 】・・・。僕は本当に少年の頃、この乗り物に乗りたかった。(笑)普通にタイムマシンと言った時、連想するのは【 映画 】や【 アニメ 】【 絵本 】【 マンガや小説 】が一般的ではあると思うが、今回は、その方向性ではなく、【 現実の理論 】に迫ってみたいと思っている。

一般にタイムマシンの製作は【 可能なのか!? 】ってなってしまうと、これは色々な見解があり一概には僕もハッキリとは確信をもって書けないのが残念ではあるが、【 理論上 】では【 可能 】と言うことらしい。これはずっと昔の事であるが、当時、僕がまだ青年と呼ばれた頃(笑)、図書館に行って読んだ時は、あまりにも【 想像上 】の書籍が多く、現実理論の専門書は、本当に少なかったと記憶している。

それで、先週、久しぶりに東京都のある図書館に行って、僕の【 宿題 】としてこのタイムマシンに関する専門書があったので、時間の許す限り拝読してみた。そしたらその専門書の中身は本当に【 理論的 】にも充分そそられる内容であった。僕は眼をさらの様にして読みつづけた。(笑)

まず、【 タイムマシンの歴史 】は、1895年にH・G・ウェルズが発表した『 タイム・マシン 』に登場したのが最初の発端であるらしい。このウェルズのタイムマシンは、【 産業革命 】により様々な移動手段が開発された事や【 科学万能主義 】が契機となり、それを【 時間軸に拡張 】したものだと考えられる。 ウェルズのタイムマシンは単純に時間を移動する事だけを目的としたもので、【 空間を移動する機能 】はついていなかったと、その専門書にはそう書いてあった。

次にタイムマシンを【 形態 】で分けると、下記のようなタイプがある。

【 乗り物としてのタイムマシン 】では、 宇宙船や自動車のような形態のものなど類型が多いタイプ。それらには【 移動機能 】【 飛行機能 】が備えられている場合もある。 次に【 転送装置としてのタイムマシン 】では、 地上に設置された大型の転送装置により、時間旅行者を特定の時空に転送したり回収を行うタイプがあり例をあげるならば【 タイムトンネル 】【 タイムライン 】の【 3Dファックス 】 などがそれにあたる。

そして、【 通信手段としてのタイムマシン 】は、 時空を超えて情報を伝達する機能【 のみの 】タイプになり、SFでは意図して作られた装置であることよりも、【 偶然 】に過去や未来と接続してしまった電話や受像機である場合がほとんどであると言ってよい。

そしてタイムマシンの【 時間移動方法 】で分けると、下記のようなタイプがある。

【 時間を加速して巻き戻すタイムマシン 】というタイプは、 タイムマシンを起動すると、時間旅行者からは【 未来に向かう場合 】は周囲の時間が加速して見え、【 過去に向かう場合 】は、巻き戻されているように見えるタイプがある。しかし、それらは位置座標の移動は行わない。古典的なタイムマシンでは、現代のようにSFでは理論的な【 不具合や表現手法の問題 】等であまり用いられないのが普通であるみたいだ。

次に【 亜空間や四次元空間を経由するタイムマシン 】では、 時間を超越する設定の【 亜空間 】や【 四次元空間 】を利用し、現在と未来・過去を接続して時間旅行を行うタイプがあり、現代のSFの世界観では【 主流のタイプ 】になっているみたいだ。 亜空間や四次元空間を経由するタイムマシンの場合、目的地が水中や地中など地上である【 保障はない 】ため事前の状況把握が重要となる。【 タイムトンネル 】では転送の際には、目的地の状況を過去文献等で確認するなどの【 事前準備 】を行っていた。タイムマシンが地球の重力に縛られている保障もないため、地球の自転や公転、銀河系レベルでの移動の影響なども、現在のSF映画の設定上では相当な議論になることも多いそうである。

次にタイムマシンの研究についてお話したいと思う。現在は、【 タイムマシン 】や【 時間旅行 】は、【 現実の学問 】としても【 理論的な実現の可能性 】が研究されている。その【 特性的相違 】から、過去と未来への時間旅行の実現方法や研究はそれぞれが大きく異なる現実があるみたいではあるが・・・。

【 現在の研究 】では、未来への時間旅行は現代へ【 帰還 】しない、すなわち相対的過去への【 時間旅行を伴わない片道旅行 】ならば、運動している物体の時間の遅れを利用した【 相対性理論 】における観測系ごとの【 相対的時間進行差により理論的には実現が可能 】とされている。具体的には光速に近い速度で飛行するロケット内部では【 外部 】より時間の進みが【 極めて遅く 】なるため、内部では【 1時間の飛行も外部では数年に相当する 】ような【 ウラシマ効果 】が発生するが、これを利用することで、搭乗者にとっては見かけ上【 1時間 】で数年先の未来へ時間旅行が実現するというものである。ブラックホール近傍の【 高重力下 】でも時間の遅れが発生するが、これを利用する方法でも【 同様の効果 】が得られる。これらに対する【 検証実験 】でも、微少ではあるが【 理論値どおりの効果が確認 】されていると言う事らしい。

また逆に、過去への時間旅行の【 可能性 】として、数学者クルト・ゲーデル氏は1949年に【 全宇宙がゆっくり回転 】しているなら、宇宙旅行によって【 過去への時間旅行 】を【 可能 】とするゲーデル解の見解を発表したが、現実の話、我々の宇宙が【 回転している証拠 】は現在も見つかっていない。テューレーン大学の数学者フラン・ティプラーは1974年に、超高密度の筒状の物質を【 超高速で回転 】させることで、過去と未来へ移動可能なティプラーの円筒のアイデアを発表した。後にジョン・グリビンという学者が【 直径十km、長さ百km、質量太陽と同じの円筒 】を2500回転/sで回転させれば【 タイムマシンになる 】と発表している。

ただしこの方式には【 円筒 】が作られるより【 前の過去へは移動出来ない 】という制限がある。またカリフォルニア工科大学のキップ・ソーンは1988年に、量子の泡から生まれるワームホールと言う物を【 広げて利用する 】時間旅行の概念を発表した。その他にもプリンストン大学の物理学者リチャード・ゴットによる2本の【 宇宙ひも 】を利用する方法、物理学者ヤキル・アハロノフによる巨大風船が及ぼす体積あたりの重力の増減を用いた方法がある。

そして、これらの過去へ遡る【 アイデア 】は、【 基本的には相対性理論上 】の現象や制限を【 踏み越えない仮説の上 】に成立しているが、スティーヴン・ホーキング博士は【 因果関係に基づく 】時間順序保護説や、過去へ繋がる閉時曲線が構成されそうになった場合は重力場の【 量子効果 】が大きくなり、過去への経路ができるのを阻害するとの【 仮説 】を取り、『 そもそも未来からの時間旅行者がいないのがタイムマシンが存在できない証拠 』として、過去への時間旅行を【 否定する立場 】を取っている。ただし、タイムマシンが【 将来的に完成 】するかどうかに関しては『 私は誰とも賭けをしないだろう 』と、その可否に【 可能性 】を残す発言をしている。

過去への時間旅行については実現に対する可能性の是非以外にも、ワームホールや宇宙ひもなどを利用した場合にも、その作動原理からタイムマシン建造以前の過去へ遡れるかという機能的制約面についての議論も続いている。

とまあ、ざっと理論等を書いてみたが、自分でも原稿を書いていて頭がこんがらがりそうである。(笑)

大人は、この【 夢の乗り物 】を心の中で、子供の頃よりも【 望んでいる 】のは確かな話だと思うが、現実は、【 子供 】よりも【 大人 】の方がその願望は【 大きい 】と言っても過言ではないだろう。しかし、その夢の乗り物が遠い将来【 実現 】となり、いつか一般人に公開される日がこようとも、その我々の【 深層心理 】の中に【 お金 】が存在が見え隠れしているの現実は・・・いつの世も悲しいような気がしてならない・・・。

今回も最後まで読んでくれて本当にありがとう。

いや~27日は目茶目茶あっちかった。
仕事をしていても、汗が・・・。(笑)

いよいよ【 夏本番 】になってきたね!
夕立の時期が本当に待ち遠しい。

じゃぁ、またね! (^○^)/





スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


テーマ:マニアックな分析 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/21-ad62b115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。