FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一流の凄さはその切れ味もいっぱい感じちゃう♪
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

やっと夏らしく昼間は暑くなった。
もう汗でびしょびしょの生活である。共に夏バテ防止をよく考え、栄養や睡眠をしっかり心がけ、この夏を共に謳歌していこうではあ~りませんか♪

それでは、真夏をとうとう感じ始めた、今回の僕のテーマは、最近、よく雑誌や新聞で取り上げられている【 一流 】をテーマに、色々な角度から分析した記事を書きたい。

【 一流 】・・・。なんて響きのイイ~言葉なんだ♪(笑)

最近はこの【 一流 】という言葉は、【 先日の選挙 】の関係で、マスコミ等でよく取り上げられる言葉ではあるが、果たして【 一流 】とは何ぞや? といつも思う。我々の次元から見ると、【 経営の一流 】【 哲学の一流 】【 人生の一流 】等など、色々な分野でその言葉をとりあげ、各種その【 功績 】を称え折々の時期にふさわしい【 一流 】の方々を報道して止まないのが、現代のマスコミの姿であると言っても過言ではないと思う。

一流と呼ばれる方々の経歴を見ても、どの方も大学を出て、地道な努力を称えられ、現在の【 功績や業績 】を評価されて、素晴らしい【 結果 】を現代の社会に残しておられる方々が【 ほとんど 】だと言ってよい。

また、その一流と呼ばれる方々の【 根本 】は、必ず【 その道 】に【 徹している 】方々がほとんどである。まあ、これは【 一流と呼ばれる最低限の条件を満たしている 】方々がほとんどであるのは間違いない事実であるが・・・。そして、その一流と呼ばれる方々には、【 必ず 】と言って良いほど、【 人生の哲学 】が心と生き方の【 基本 】に備わっているのも眼が離せない事実である。

では、我々の【 平凡な次元 】からは、その【 一流 】とは、天と地ほどの差があるほどの雲泥の差や、膨大な道のりになってしまうのだろうか?

と、僕はいつも素朴な疑問として思ってしまう事がある。人間の生き方は、本当にそれぞれが千差万別で、考え方や育ちや知性、そして認識なども全然違うが、【 一流を志す 】方々の【 人生 】には、【 必ず 】すべての人に【 ある共通点 】があるのは確かな【 事実 】なのである。

まず、一流と呼ばれる方々の【 共通する分析項目 】を記載したいと思う。

1・生まれた家庭が大半の人が【 貧乏な家庭 】が多い。
2・苦労の人生が多く、けして一筋縄ではいかない人生ばかりを歩んでいる。
3・努力家が多い。
4・学歴等は関係なく、必ず人生の【 交差点 】で、【 悟る何か 】に必ず遭遇している。
5・自分の心を律し強靭に【 正す 】精神を人生経験から必ず体得している。
6・必ず、人生の指針たる【 何らかの哲学 】を備えている。
7・考え方が少々【 非凡 】な方々が多く、その多くは楽観主義者が多い。
8・生き方で【 惰性を排する 】生き方が多い。
9・時間をうまく活用する方々が多く、相手と約束した時間には必ず【 遅れる 】事がなく、現場には遅くても必ず10~15分前には到着している方々がほとんどである。
10・各々の分野において、所謂、【 その道のプロ 】が多い。
11・常に【 誠意 】【 謙虚 】【 愚直 】な方々がほとんどである。
12・一流と呼ばれる方々の精神には、いつも【 固い決意 】がある。
13・どんな状況でも、冷静な眼で迅速かつ機敏に【 全体感 】を常に把握していて、その【 真理 】を明確に【 確信 】として体得している。
14・自分にも【 厳しく 】、人には【 厳愛の心 】で接する方が多い。
15・何故か、A型が多い。(笑)
16・恋愛関係においても、【 溺れる 】人が非常に少ない。
17・人との応対にしても、すぐに【 反応 】している人がほとんどである。
18・なぜか読書家が多い。
19・意外な現実だが、【 母親(実母) 】を亡くしている人が多い。
20・よく研究熱心で、自立心が旺盛であり、結果を必ず出す人が多い。
21・すべてにおいて【 共通 】しているが、どの状況でも本人自身が相手に対して【 誹謗・中傷 】をする人がすくない。
22・人との【 ある一定の距離 】を心の中において、いつも【 自分を見つめている 】人がほとんどだ。
23・過去の【 教訓 】を生かし、後生は同じあやまちを犯さない人が多い。
24・【 挫折 】が多い分、逆境に負けない精神の人が多い。
25・私利私欲が少なく、いつも【 根本 】に【 社会貢献 】が常に心に描かれている。


とまあ、ざっと【 僕の人生 】から【 経験 】した事を書き綴ってみたが、この上記にあげた項目は、図書館で【 過去に学んだ 】事や、僕自身が【 実感 】した事から記載してみた。

ここまで、【 一流 】と呼べる方々の【 条件 】を書けるまでに20年という長い年月を僕は要したが(笑)、上記の分析項目においても出来るだけ解りやすく、そして細かく砕いて表現をしてみたが、このブログを読まれた方々は、いくつ【 自分 】にその【 項目 】が当てはまっただろうか?

しかし、厳格にここで記載をしたいと思っているが、上記の項目は【 あくまでも 】【 基本項目 】だと申し上げたい。実際には、【 精神性 】の次元には、この【 一流 】と呼ばれる方々の精神分析は、ものすごい膨大な数になっているのが、現代の【 研究結果 】がある。

だが、ここで僕はひとつ皆さんに述べたい事がある。(笑)

じゃ、我々は【 一流への道 】への【 路線 】から、とうに外れてしまっていて、【 今から目指す 】のには所詮遅すぎるのか!?

と言う事を僕は言いたいのである。
上記の項目に属する方々の【 研鑚や業績の称え 】は、あくまでもその方々の【 長い人生のスパン 】から【 凝視 】したものであり、その【 人生の断面 】は、どの雑誌、週刊誌、専門書においても、その事実は書かれていないのが現実の【 実態 】なのである。

また、上記に記した【 一流の項目 】は、あくまでも【 究極の一流 】の方々の基本項目なので、それらを除外した【 一流もどき 】の人は、うん億万人と存在しているのが現代の世の中の【 実像 】なのである。

【 本当の一流 】を体得した人の人生は、本当に【 苦難 】の連続であり、実際には、【 その評価の判断 】が下されるまでには、他人から【 誹謗・中傷 】されているのが【 真実の姿 】だと言う事をここで明記しておきたいと思っている。

しかし僕は、20代から40代に突入するまで、色々な角度から【 自分を見つめ 】思ってきた事ではあるが、【 一流 】といえば、【 主婦 】の方々は、【 すでに一流 】だと思っている。一日の流れを考えてみたって、上記の分析項目に【 当てはまる方々 】は、けっこう【 いる 】と僕は確信している。

だが、【 男性 】に関しては、なかなかその事実も少なく、むしろ、【 挑戦中 】の方々がほとんどだと言っても過言ではないだろう・・・。(笑)

だが、その【 究極の一流 】にせよ、キワドイ【 一流 】の方々にせよ、その【 一流 】と判断して、その【 評価 】を下すのは、あくまでも、【 人の評価 】であるのは、間違いない事実なのである。また、これは面白い物で、その一流と判断した方々の、【 判断を下した周囲の方々 】は、【 では超一流なのか!? 】という、素朴な疑問を僕は抱いてしまうが(笑)、【 一流の人物 】とみなす【 基準や水準 】は、よく考えると、その【 ボーダーライン 】は、現実には【 ない 】と僕は言いたい。

その【 一流のボーダーライン 】を考え出した、本当の【 正体 】は、自分には【 なく 】、そして、【 誰もマネが出来ない 】ような、【 基準 】が、【 一流 】という【 ボーダーライン 】を作り出しているだけで、現実には、【 ただ、凄い 】と言うのが、【 評価の正体 】なのである。

まあ、ずず・・・っと、書いてはみたが、確かに【 一流 】の方々の【 闘い 】は素晴らしく、そして大変極まりない生活であるのは確かだ・・・。

だが、僕はこの【 一流 】という言葉の中に、【 人間としての見えない死角 】があるとすれば、それは【 一般人との差別 】を意味して止まないものだと僕は思っている。その分野のそれぞれに【 一流 】と呼ばれる【 人物 】は存在するが、本当の【 人間としての一流とは・・・ 】、【 自分の心に嘘をつかないで生きる 】という、簡単にして難しい事を、【 坦々と日々 】やり遂げている、その人の姿こそが【 すでに一流なのだ 】と僕は申し上げ、今回の分析ファイルの終止符としたい。

旅行もレジャーもすべて、おじゃんになってしまったが、僕は、パソコンの前にいる時が、【 何よりも幸せ 】だと言うことは、中止になった本日、新たにわかった次第である。(笑)

今回も最後まで読んでくれて、本当にありがとう。

じゃぁ、またね! (^○^)/




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


テーマ:オタクの日記 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/24-371389fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。