FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間だから燃えて燃えてとことん常にハングリー!
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

本日は、僕の最も信頼する青年から携帯電話の方に一通のメールが届いた。実際の話、僕自身は忘れていた事ではあったが、この原稿を書いている本日は【 立秋 】だ、暦では秋・・・。先月の下旬に、やっと梅雨明けだと思ったのに、もう秋・・・。自分に『 おいおいマズイぞっこれは! 』と言い聞かせ、惰性になっている心の甘えを正したが、現実は、常にベストに生きるだけが精一杯の自分が、本当に虚しく感じる時が最近は多くなってきているように思う時もある。(笑)

常に自身の目標を掲げがんばらなくては!
p(^^)q ガンバじゃ!

それでは、今回の僕のテーマは、現代人の心の中では、少々忘れ去られてしまっている傾向性にある、【 ハングリー精神 】をテーマに、色々な角度から分析した記事を書きたい。

【 ハングリー精神 】・・・。
すでに【 近年 】という言葉を使ったほうが、今回のテーマにはふさわしく思うような気がするが、ここ最近は、本当にこの【 ハングリー精神 】という言葉が失われつつある【 時代 】に突入したと言ってもよい時代になってしまったように思える。その良い【 例 】がある。

それは、ボクシング関係のどの専門雑誌のページをめくっても、この【 ハングリー精神 】や【 ハングリー 】という言葉が、めっきり激減しているように思えてならない。まあ、現実の【 現場サイド 】においてはその【 言葉や表現 】は使われていると確信はしているが、現代の雑誌等には、この言葉をあえて【 使わない 】【 風潮 】になってしまったように僕は思えてならない。

昭和時代は、本当にこの【 ハングリー精神 】という言葉は、頻繁に口にされたり雑誌等でも、昔流に表現すれば、【 スポ根 】というスポーツをテーマに【 熱血ど根性精神 】の物語がマスコミ等を通じで流行した為、昭和後期にかけて、この【 ハングリー精神 】という言葉は、本当によく頻繁に一般民衆の耳に届けられていたと思う。

では、この【 ハングリー精神 】は、現代の民衆の心から、【 消えうせようとしているのか!? 】と言えば、それは明らかに『 NO! 』であると僕は断言したいと思う。その証拠たる【 現象 】に、【 現代の若者 】の【 日々の行動 】を、よ~く観察すれば解る事ではあるが、現代の若者は【 言葉に出さず 】、一人坦々と【 心の中でその精神を燃やし続ける 】タイプの若者が【 激増 】したと言ってよいと思う。

また、時代背景の【 水準 】もそうであると思う。末端の現実をよく観察し、視野に入る物事を深く洞察すると理解できる事ではあるが、現代の主婦から日々聞こえてくる【 教育レベル 】においても、【 教育方針 】を見つめても、公の表面上には出てはいないが、その【 底流 】の次元において、【 自然体の形式 】で、現代はこの【 ハングリー精神 】を【 養っている 】というのが、正確な見識の視野であると僕は確信する次第である。

今回のこのテーマの記事は、すべて【 良い次元 】の分析にとどめようと思っているが、【 ハングリー精神 】とは、歴史の分析誌や映像等をよく見つめると、その具現化された【 真実の心理 】が見事に活字や写真、そして映像に出ているが、昭和初期の当時は、大きな視野の次元からは、個人の集合体が大きくそれぞれの双方で連なり、【 不景気 】を昇華させる為に、このハングリー精神が【 現場 】で培われていたと言ってよいが、この【 方程式 】に関しては、現代もそして、未来も【 普遍的 】に変わらない法則だと思うが、昭和中期からは、それが【 個人の欲 】にそのエネルギーの方向性をもっていく【 願望 】が、一般民衆の底辺で流れていたと僕は確信している。

そして、昭和後期から平成の初期にかけては、このハングリー精神は、その言葉が少しずつ【 失われていく現象 】が時代背景のなかに染まり、【 民衆の心 】からこの言葉が遠のいていく傾向性が現れ、2005年付近から、まったくこの【 ハングリー精神 】という言葉は、現代の一般民衆の【 耳 】からかけ離れてしまった【 時代 】に突入したと言ってよいだろう・・・。

しかし、この【 ハングリー精神 】という言葉は、あえて表現はされないが、今でも根深く心と行動に宿っている世界は、何といっても【 政治 】の世界にその【 姿 】は、現在でも【 健全 】に宿っているという事は、皆さんも充分にご承知かとは思う。

しかし、ここでひとつの大きな問題が出てくると思う。

【 政治 】の世界とは、小さくは【 自分たちの生活 】を少しでも【 豊か 】にする戦いでもあるが、それを受け入れる【 一般民衆側 】の方は、この【 ハングリー精神 】が乏しく欠けてしまっているせいか、現代では逆に【 保守的実像 】が表面上に大きく浮き彫りになり、その政治の【 声 】は届いていても、政治のその【 力 】は、充分に【 民衆 】の心に届いていない事実は、いつの時代背景にも存在はしているが、近年は特にその傾向性がひどいと言わざるおえない。

つまり、【 保守的事情 】が強いせいか、【 恐怖 】が一般民衆の心の底流に【 依存 】するかのように【 定着 】してしまい、何を聞いても、そして何を見つめても、【 信じられない 】現実の結果が、現代の人間の心の中に【 依存 】してしまったように僕は思えてならない。

話は善き次元の話だけにするが、【 ハングリー精神 】とは、強いては、個人の、そして大きくは、【 生活や社会 】を大きく改善し、良い方向へと【 転換する法則 】が【 必然的 】に眠っていると言える。これは、解りやすい【 例え 】をあげれば、【 活気 】がある所には、物質的にも【 栄えたり豊か 】になっている現象が、真実の姿として過去の歴史上にも厳然と存在しているが、逆に【 やる気 】を失ってしまった【 心の集まり 】の世界には、繁栄どころか、【 低下の傾向性 】ばかりが目立ち、よくとどまって【 惰性的な維持 】を永遠と続けてる現象が現れ、人々の心は悲しいかな、悪いときには【 落ちきる限度を知らない 】のが、現代社会の【 実像 】ともいえよう。

これは、平成の初期に書いてあった、ある雑誌の文面ではあるが、昭和中期以降から平成初期間での【 ハングリー精神 】の評論であったが、【 ハングリー精神 】とは、【 卑しき者の願望である 】という記事を過去に公開した雑誌があった。まあ、これは一概にも言えず、そして、確かに一理ある表現ではあるが、その雑誌は何を言いたいのかというと、【 ハングリー精神 】は、人間の欲望を剥き出しにして、【 醜い人間の様 】をありありと浮き彫りにしてしまい、【 人間本来の美しさをイメージダウン 】する言葉であると、批判的な評価を下した雑誌であった。

つまり【 知性や英知 】を薄れさせ、【 動物的本能 】が目立つ【 低級な生き方 】が目立ってしまう・・・という事を語っていた。しかし、僕はこの文面に対して、一つの【 意見 】をもっている。それは、ハングリー精神とは、【 現実のその折々の時代の実像 】をありのままに【 浮き彫りした精神性の世界 】であり、現実には【 その心 】が失せた時こそ、逆に【 知性や英知 】も同時に【 失せてしまうのだ! 】という事を僕は言いたい。

人間は、【 ハングリー精神 】が【 生きる要 】になっているからこそ、日本国は【 発展 】をして、逆に、【 日本人の英知や知性 】を【 世界各国 】にたらしめたその【 事実 】は、隠しようがない真実だと言っても過言ではないだろう。また、【 日本人の精神の象徴 】である、【 大和魂 】こそ、全世界の国々の民衆の心に必要な、【 強いエネルギー 】を【 蘇生 】させる【 根本の法則 】が眠っていると僕は確信する次第である。

これは【 深い精神性の次元 】のお話ではあるが、【 知性や英知 】が凄まじく【 増強 】すると、人間はいつしか【 強欲 】に心が蝕まれてしまう恐れがあり、【 卓上の理論 】で利益を生む傾向性の力が強くなってしまう。しかし、【 ハングリー精神 】とは、【 人間の根本 】から【 精神 】を鍛え上げ、【 荒廃 】した【 精神 】から【 健全な精神 】を培う働きがある事は、絶対に眼を背けられない事実があると僕は断言したい。

それは強いては、【 人間を強く 】して、【 地域を発展 】させ、行き着くところは、【 社会の根本の主軸 】の次元から【 好転換 】させてしまう【 現象が息を潜めている 】と申し上げたい。

よって、最後の僕の結論に移りたいと思うが、【 ハングリー精神 】とは、人間が生きていく上で、最も欠かせられない【 人類繁栄の精神 】であり、強いては【 競争社会を生み出す原動力 】であると申し上げたい。【 ハングリー精神の中 】には、【 人間とは何ぞや!? 】と知ることが出来る【 悟れるヒント 】が眠り、人間を【 昇華 】させる【 人間としての人徳の向上 】を多大に秘め、その精神性から【 現実社会 】に真正面から眼を向け、そして取り組む事によって【 人間としてこの世に生まれてきた、人生の真実の真理 】を知ることができる、かけがえのない【 源泉の精神 】であるのだ、という事を、僕の結論として、今回の分析ファイルの終止符としたい。

今回も最後まで読んでくれて、本当にどうもありがとう。

昨夜は、この原稿を更新したあと、最新の『 犬神家の一族 』の映画を観た。市川崑監督の映像美は健全ではあったが、物語の途中に出てくる【 スタジオでのセット 】は、どうにも頂けないモノがあった。(苦笑) 撮影の【 感性とビジュアル 】は、あまりにも現代のテレビドラマのようであったが、映画としての奥深い味わいは、今でも【 息づいて 】いたように思えました。

じゃぁ、またね! (^○^)/




スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:オタクの日記 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/27-301bed85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。