FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間の素直な心はすべては小さな所から全部が始まっている♪
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

今回は、本当であったら他の【 テーマ 】を準備していたのだが、実は、僕が登録している【 お気に入り 】のブロガーの女の子が新しく更新した【 ポエム 】を読んで、僕自身がすごく感動をした【 詩 】を載せていたので今回は急遽テーマを変更した次第である。人は、ちょっとした【 縁 】や【 きっかけ 】で、人生を大きく変えていく瞬間が起きる時がある。その女の子はまだ10代の女の子ではあるが、僕が判断するには、非常に【 ピュア 】な心の持ち主と思っている。

人間は大人になると、少年少女の頃の気持ちは少しずつ忘れてしまい、いつしか【 汚れた 】心の視野で社会を見つめ、人と接するようになってしまうのは、非常に残念な【 性 】だと常々僕は思う時がある。今回は、その女の子の【 詩 】から非常に【 大切な物 】を学ばせて頂いたと自分は思っている。今回、僕は、その女の子に心から感謝をしたいと思う。


それでは、今回の僕のテーマは、現代の民衆の心の底流で、いつの時代にもその灯火を保ち続けている【 ポエム 】をテーマに、自分の知識の知る限りの知恵を絞りつくした分析ファイルの記事を今回は書きたい。

【 ポエム 】・・・。つまり一般に言う【 詩 】の世界であるが、実際のところ、僕は【 詩 】の世界はあまり【 縁 】がない男である。確かに活字を書くのは得意ではあるが、人の心に届く文章はまだまだ未熟だと自負している。今回は過去に学んだ【 記憶 】をたよりにこの記事を書くので、間違っている記載をしてしまった場合は許していただきたいと思う。そこの所は、どうかご了解願いたい。

最近では、本当になくなってしまったが、10代半ばから家出をする20歳未満の僕が学生だった頃、これは今でも変わらない事ではあるが、よく本屋や図書館で時間を見つけては坦々と読書をしていた記憶が、鮮明に今でもこの脳裏に残っている。またこの時期の夏場は特に、涼しい図書館で休みの日などは朝の開館と同時に夕刻の閉館まで、ずっと本を読んでいた記憶がある。その中で、一時ではあったが、【 川柳 】にハマリ、この【 詩 】の事を日本史やら専門誌を、とことん読破していった時期があったのを今から考えると本当に懐かしい・・・。

これは記憶を頼りに書いているので、忘れてしまっている所も今ではあるが、【 詩の世界 】を【 形式的に分類 】するれば、下記の数だけあったと記憶している。

【 定型詩 】【 和歌 】【 短歌 】【 連歌 】【 俳句 】【 川柳 】【 琉歌 】【 四行詩 】【 漢詩 】【 古体詩 】【 古詩 】【 楽府 】【 今体詩 】【 絶句 】【 律詩 】【 自由詩 】【 散文詩 】【 韻文詩  】【 劇詩 】

の分類があったと記憶しているが、まだ数個ほどあったようにも思える。また、【 描写による形式の分類 】をすれば、【 抒情詩(叙情詩) 】【 叙景詩 】【 叙事詩 】に分かれたと記憶している。

一般的に、世間で愛好されているのは、【 和歌 】【 短歌 】【 俳句 】【 川柳 】【 自由詩 】【 定型詩 】なとが、一般的で【 主流な詩 】だと僕はそう思っている。その中でも、この近年は、【 川柳 】は、よく目立った【 詩 】なのではないかと確信する次第である。この川柳は、各雑誌で川柳版の特集があったり、最近では、某メーカーの缶コーヒーや缶ジュースや、お菓子の箱の裏側、ポテトチップスの袋の印刷に、この【 川柳 】がよく記載されている事がよく目立つ。

【 川柳 】とは、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つであるが、その特徴は、【 口語が主体 】であり、【 季語や切れの制限 】もない。字余りや句跨りの破調や自由律もみられる時がある。また同じ音数律を持つ俳句とともに、【 連歌を源 】として【 付け句 】からあらかじめ用意された、七七を省略し、五七
五として独立したと確か記憶している。江戸時代の前句師の柄井川柳が選んだ句の中から、呉陵軒可有が選出して『 誹風柳多留 』(はいふうやなぎだる)を刊行し、盛んになったことから、【 川柳 】という名前で呼ばれるようになったと記憶している。

また、これは自分が読んでいる新聞から読んだ、最近の記事に書かれていた事ではあるが、ここ数年、【 愛好家 】の中で、【 近代詩 】と呼ばれる【 詩 】も少しずつではあるが、流行りつつあるそうだ。【 近代詩  】とは、【 伝統的で文語的な定型詩 】では、近代人の自由な感情や意思を表現できないとし、【 日常語 】を用いた【 自由詩 】の事をいうようだが、その内容も【 花鳥風月や英雄譚 】から【 脱却 】し、より【 日常的で社会的 】なものが好まれるようになったとの事である。

欧米では【 シェイクスピアやダンテ 】など、ルネサンスにまでその萌芽を辿る事が出来るが、日本では【 明治期 】から、その影響が広まったそうである。また、【 日本の近代詩 】は、厳密な内容区分より、【 時代的区分 】の意味合いが強く、【 明治から昭和初期 】にかけての【 詩 】を、【 近代詩 】と呼ぶ事が多いとその新聞には記載されていた。日本語の【 標準化 】と共に、現代日本に広く普及している【 標準語詩歌 】は、この時代に作られたものが多いそうである。そして、【 近代詩人 】として有名な方々は、【 島崎藤村 】【 室生犀星 】【 萩原朔太郎 】【 高村光太郎 】【 立原道造 】【 宮沢賢治 】【 北原白秋 】らが有名な著名であると記憶している。

また、最近では【 現代詩 】というのもたまに耳にする時も増えてきたと実感している。【 現代詩  】 は、【 近代詩の形式主義化や耽美化 】などへの【 反省 】により、20世紀初頭に生まれた詩をさす。【 現象学 】【 実存主義 】に影響を受けた【 哲学的な内容 】や【 性や暴力 】など【 近代詩 】が扱わなかった【 タブーへの切り込み 】、日常とかけ離れた【 特異な言葉遣い 】による【 異化作用 】などが特徴的であるが、欧米ではウィリアム・イェイツ等によって【 創始 】され、日本では第二次世界大戦以後に盛んになったと言われている。その先駆者としては、【 川路柳虹 】が【 代表 】として示される時がほとんどである。

【 現代詩 】は、各詩人詩人によって【 作風 】が大きく異なり、共通するものが少ない【 分散性 】が現代詩の一つの特徴としてあげられるが、あえて【 共通要素 】をあげるとしたら、【 私的性 】が強い事があげられると言えよう。【 近代詩 】が社会的、共同体的な要素が強かったのに対して、戦争という大量殺戮をへた現代詩では自分にとって【 社会とは何か!?】【 思想とは何か!? 】という反省が表面にでて、それは俳諧や短歌の【 写生論 】と結合して、日常の中に【 哲学的深み 】を見出し、それを徹底して自分という【 プライベートな観点 】から咀嚼する、という作業が行われるとい点が大きな特徴と言える。

また、【 近代詩 】によって既に日常言語が手垢にまみれたモノになったため、【 現代詩 】は【 奇抜な言語表現 】や【 隠喩 】に頼らざるを得ず、初期でこそ形式に縛られない、【 独創的な表現 】が頻出したものの、その【 隠喩 】がまた手垢にまみれるにつれ、詩人はさらに【 新奇な表現 】を求めざるをえず、【 現代詩 】は【 難解で尖鋭的 】なものになってしまったと言える。80年代~90年代にかけての、【 ねじめ正一 】や【 谷川俊太郎 】らの【 ナンセンスな詩 】に、その傾向の頂点を見る事ができると僕は思っている。

しかし、これら現代詩の手法もまた、【 形式化 】【 固定化 】してしまい、【 現代人の心情 】からかけ離れたものになってしまったと思っている。【 詩作 】というものは、気軽に行えるものでも、ありのままにでも【 なく 】、【 奇怪で独善的 】な【 詩的境地 】に自己を落とし込まないと書けないという詩の【 矮小化 】が生じてしまったのである。そして、【 私秘性 】【 難解性 】から【 現代詩は生命力 】とも言える骨格を失い、各詩人が孤立して先細るという状態が現れ、それを打破しようと【 集団無意識 】や【 民俗の世界に回帰 】しようという動きが、【 形式的な伝統詩 】を復活させようという動きが、現代のインターネットを利用とした【 コラボレーション 】の動きが見られるが、その行き先は実際の話、【 未明 】であると、僕はそう思っている。

まあ、ここまでずずっと、記憶している【 詩 】の情報を綴ってはみたが、原稿で実際に書いて読むと、本当に【 詩 】の歴史は奥深く、人間は色々な手法や手段を用いて、心の【 何か 】を常に【 表現 】しようと努力して、人間の【 本来の生き方 】を【 詩 】の世界にあてはめて、我々は今日まで栄えてきたと実感し確信する次第である。

活字の世界から、人の心・・・正確にはその本人の【 本心 】を汲み取るのは至難の業と言えるかもしれないが、【 詩 】の【 本質 】には、人間の【 本当の願い 】が無限に詰まっていると、僕はそう皆様にお伝えし、今回の分析ファイルの終止符としたい。


最後に、【 ピュア 】な女の子へ一言贈りたいと思う。
そのままの心で、大人になれたら、君は本当に素晴らしい【 女性 】になり、この先、たとえどんな前途多難な人生が待っていようとも、必ず後悔のない素晴らしい人生を送れる事は、【 間違いない 】と僕は確信しています。

君の素晴らしい人生に【 栄光あれ♪ 】と、僕は君にその言葉を贈りたい。

じゃぁ、またね! (^○^)/




スポンサーサイト
[PR]

[PR]


テーマ:オタクの日記 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/30-b8c2f35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。