FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人間の葬儀こそ、我々に人生の意味を伝えているのだ。
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

今回は、僕の父方の親戚に不幸があり、鹿児島県まで行っていた。
僕自身は、その亡くなった親戚の人とは、2~3度過去にお会いした程度ではあったが、母親がなくなった時に、大変お世話になって為、今回は同居している妹と、二人で、鹿児島にはるばる参加の為に行ってきた。久しぶりに見た、桜島は雄大で、素晴らしい風景ではあったが、今回は色々な事情により、父親が参列できなかった事が非常に悔しく思った次第であった。


それでは、今回の僕のテーマは、人間の最後の瞬間の荘厳な儀式である、【 葬儀 】をテーマに色々な角度から分析し記事を書きたい。

【 葬儀 】…。今回の親戚の葬儀は、少々、昔の風習やしきたり等があったが、葬儀という世界は、本当に【 宗派 】や、その【 遺族の関係 】で、色々な状況があり、実にその葬儀の光景は様々であると僕は思っている。

僕も、家出をした20代から今日に至るまで、色々な葬儀にかかわってきたが、その中でも、僕が一番悲しく、心から崩れ落ちた葬儀は、やはり数年前に亡くなった【 実母 】の葬儀と、離婚後に交際していた、結婚を前提として当時交際していた彼女の突然の死は、本当に衝撃的であった。その交際していた時は、僕は【 夜勤 】の仕事をしていたが、仕事から帰ってきた朝、自宅の駐輪場に、原チャリを置いて、自宅のドアを開けた瞬間、玄関先に彼女が倒れており、彼女の表情はすでに紫色に変色し、救急車を呼んで、救急車の車内で、救急班が本当に献身的な対処を施してくれたが、すでに自宅の玄関を開けた時の時点で、【 手遅れ 】の発見であったのが非常にあの時は悔しかった。

死因は、【 くも膜下出血 】であった。数日前から、僕に【 頭痛 】がすると彼女は僕に訴えていたが、頭痛薬を飲むとすぐに症状が治まるので、僕も彼女もただの頭痛だと思っていたが、その病魔は、刻一刻と、彼女を蝕んでいたのを、僕が気がついてあげる事ができなかったのが、今でも思いだす度に胸が苦しくなる。この二つの【 葬儀 】そして、その瞬間は本当に僕は男泣きで崩れ落ちた。葬儀が終わっても、僕は【 それ 】を引きずってしまうタイプの男なので、【 元気 】な気持ちで生活に落ち着くまで、本当に長い時間がかかってしまったが、今は、女性との縁もまったくない状態なので、正直な話、ちょっとは寂しいが(笑)、この生活も、それはそれでまたいいのかも知れない。

これは、世界の【 葬儀 】の初の歴史ではあるが、現在、【 発見 】されている【 歴史上初めての葬儀跡 】と言われている物が、【 イラク北部 】にある【 シャニダール洞窟 】で見つかった…というのが僕の学んだ過去の記憶の中にはあるが、間違っていたら申し訳ない。この洞窟の中には【 約6万年前と推定 】される【 ネアンデルタール人の骨 】が見つかっており、その周辺には、この洞窟から見つかるはずの無い、【 花粉 】が見つかったと報告されている。これは、死者を弔うために【 花を死体の周りに添えた 】と解釈している…との記事を昔新聞で読んだ覚えがある。

葬儀の概要を書きたいと思うが、ごく一般の【 認識 】の世界では、葬儀の様式には、それを行う人たちの【 死生観 】【 宗教観 】が深く関っており、宗教の違いが、そのまま【 葬式の様式 】の違いになる。また葬儀は【 故人 】のためだけでなく、【 残された者のため 】に行われる、という【 意味合い 】も強くあるらしい。残された人々が人の死をいかに【 心の中 】で受け止め、【 位置付け 】、そして【 処理 】するか、これを行うための【 援助となる儀式 】が【 葬儀 】というものであるらしい。その意味で葬儀は、【 宗教が文明に発生する以前 】の【 旧石器時代 】から行われてきていた【 宗教的行為 】であるといえると言えよう。ただし、【 日本の葬儀 】で連想される【 仏教との結びつき 】は、日本(アイヌや琉球を除く)独特のモノであり、その他の【 仏教国 】では、【 僧侶 】は葬礼に直接関与しない。中世前期に律僧や時衆が、【 庶民の仏教典礼 】として促進したことに始まり、定着をみたのは、寺請制度のできた【 江戸時代 】からと言われている。

また、日本における葬儀の【 慣習 】においては、【 通夜 】は【 古代の殯(もがり) 】から発している。これは、告別式の【 前夜祭の形態 】をとっていると言うことであるが、誰かが寝ずの番をして(交代でもよい)、夜明けまで灯明や線香の火を、絶やさないようにしなければならないという、【 魔除けの意味がある 】という事らしい。また近年では、消防署の指導などにより、式場では【 夜間の火 】は焚かないよう指導が入ることもあり、都市部の式場では夜通しではなく、【 半通夜 】と呼ばれる形態で、夜は遺族が帰ってしまう場合もある。

そして、火葬場に向かう道と帰り道は【 同じ道 】を通らないと言う事らしいが、今回の僕が参列した、親族の葬儀は、その事を親戚の方から僕と妹に告げてきた。一本道で難しい場合であっても、【 可能な限り 】同じ道を通らないように努力しなければならない。埋葬した【 死霊が付いて来ない 】ようにするためであるらしい。葬儀終了後に【 振り塩 】と呼ばれる【 清めの塩 】をやった経験の方々も多いと思うが、これは【 神道由来の慣習 】であって、死を【 穢れとみなさない 】仏教の教義に【 反する 】と考える意見もあり、元来これを行っていなかったと言う事だ。


上記のこの内容は、【 浄土真宗を中心 】に、近年では行われないケースもあると言う事らしい。遺体を安置する場合には、遺体の【 胸の上 】に【 魔除け 】として【 刃物 】を置く。これを【 守り刀 】と呼ぶ由来は、【 武士の社会 】で、刀によって【 魔を斬る 】、といった意味や【 魔物の使い 】とされていた【 猫 】が光り物を嫌がるので、刀を置くことが【 魔よけ 】とされた。一般に【 告別式 】は【 友引の日 】を避けるが、これは俗に【 友を(死に)引かない 】よう配慮するためとされるらしい。ただし、【 元来六曜 】は、仏教とは関係がない。【 賭け事 】や【 勝負事 】から入って来ており、友引とは【 勝負事で友人と引き分ける 】というのが意とされ、陰陽道との【 混淆 】に由来している。

ゆえに、【 友引の日 】に告別式を【 行わない風習 】は、【 迷信 】と考えられる。火葬場も年末年始【 のみ 】が【 休業日 】となっている所が増えて来ている。なお、墓地など【 埋葬する場所 】まで送ることを、【 野辺送り 】と称することがある。遺体を安置すると、そこに御供え物として【 枕飯 】や【 枕団子 】を供える。枕団子は米の粉(上新粉)などを丸めて作ったもので、数は【 地域によって差があり 】、六地蔵、六道から【 六個 】とする説と、13仏などからとった【 13個 】とする説がある。亡くなった日から一個づつ増やして【 四十九日まで 】お供えし、【 49個 】飾る地域もある。枕飯はご飯を御茶碗に【 山盛り 】にして、御箸をさして飾る。この風習の光景は、みなさんもテレビや葬儀の現場で見たことがある人がけっこう多いと思う。

また、【 神道での葬儀 】は【 神葬祭 】と呼ばれる。神道では【 死を穢れたもの 】と考えるため、聖域である【 神社 】では葬式は決して【 おこなわず 】、故人の【 自宅か葬斎場 】で行うことになる。現在の形の神葬祭は、江戸時代に【 儒式葬 】をもとに考案されたものである。式の際には、中央の祭壇の【 脇に 】遺影を置き、祭壇の奥に置かれた棺の後方に、【 銘旗 】と呼ばれる、故人の名前が書かれた旗が立てられる。そして、その周りに【 灯明 】【 榊 】【 供物 】などをあしらえる。

式の大まかな流れは、まず【 神官 】が遺族と参列者および会場を祓い清める。そして【 神職 】により祖霊に【 供物をお供え 】をする。神職は祭詞を【 奏上 】し、故人の生前の業績を述べ遺徳を偲びつつ、祖霊となって遺族を【 守ってくれるよう 】願う。参列者は【 玉串 】をささげて、【 二拝二拍手一拝 】を行い故人を偲ぶ。このとき【 拍手 】は、【 音を立てない 】『 しのび手 』で行うのが正しい儀式の内容であるらしい。

また神道では、墓所を【 奥津城、または、 奥つ城(おくつき) 】と呼び、墓石にも『 ○○家之奥津城(奥都城) 』と表示している家が多い。位牌を祀る場合は、仏壇の代わりに【 御霊舎(みたまや) 】を置いている。近年の葬儀はほとんどは【 仏式 】で営まれており、これは、【 江戸時代 】に【 寺請制度(てらうけせいど) 】が始まり、仏式による葬儀が一般化した事による。一方で江戸時代には、【 日本古来 】の葬儀のあり方を見直す運動が起こり、【 明治 】になって【 神道による葬儀 】を行うことが一般に認められるようになったとされている。

ここので、日本の葬儀の習慣や儀式を述べてきたが、まだまだこの他にも葬儀の儀式の【 仕方 】には沢山ある。葬儀に関する様式を自宅にある専門書で調べてみたが、葬礼の様式として、【 葬儀 】【 密葬 】【 家族葬 】【 友人葬 】【 市民葬・区民葬 】【 福祉葬 】 【 社葬 】【 国葬 】【 生前葬 】がある。

遺体の処理法の埋葬の仕方には、【 鳥葬 】【 土葬 】【 風葬 】【 洗骨 】【 水葬 】【 火葬 】【 宇宙葬 】があり、この宇宙葬に関しては、当初はSF作品等における架空の様式と思われがちだが、1997年に世界初の【 宇宙葬 】が実現され、ジーン・ロッデンベリー氏らが【 宇宙に旅立って 】葬儀の埋葬が行われたのが初である。 また様式にある【 友人葬 】に関しては、宗教団体である【 創価学会 】は、これを率先して現在は実行している光景は有名な話である。

まだまだ、この【 葬儀 】に関する事は、納骨の事とか色々あるが、文字数の制限で、ここまでしか今回は書けないが、人間はいつかは死んでしまう…。しかし、今回の親戚の葬儀でも思ったことではあるが、葬儀に参列、そして出席する方々を拝見しても、その人間の死に至るまでの【 人生 】には、すべて【 意味 】がある事を深く実感した次第である。また、けして、【  】と呼ばれる【 人間 】は、一人もいない事を改めて知った思いがした…。

今回も最後まで読んでくれて、本当にありがとう。

だんだん暑さが少しずつではありますが、和らいできましたね。この時期こそ油断大敵なので、健康管理にはお互いに充分に気をつけて、共々に生活をしてまいりましょう。

じゃぁ、またね! (^○^)/





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


テーマ:悲しい思い出 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/34-902f39a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。