FC2ブログ
真夜中をぶっ飛ばせ!
男の視点を重要視した世界を発信する情報ブログです♪ 毎日の重圧なストレスをぶっ飛ばせ!!


FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



最近のコメント



遊ぼうぜ!



プロフィール

アダルトショップ店長・仁徳

Author:アダルトショップ店長・仁徳
アダルト通販ショップ
★You & i Selection★
店長をしています 諸葛仁徳
と申します。
お客様に喜ばれるネットショップの
構築に全力をあげています。
お気軽に来店くださいませ♪



リンク



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



リンク








このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつの世もセクシャルハラスメントの解決策とは一体なんぞや!?
みんな、今回も読みに来てくれて本当にありがとう。

最近は、体調があまり冴えないせいか、キーパンチのノリがあまりよくない。打ち間違えをよくしたり、同じ文字を何度も打ってしまうミスがあり、少々イライラしている日が続いてる。(笑) まあ、飲んでいる新しい医者からの薬のせいだろうと思っているが、数日前からこの事が気になり、在宅の仕事量を少し落としてもらった。自分としてはちょっと…というか、だいぶイライラしているが、本日は、いつもよりかは気分がいいので、頭が鮮明なうちに大好きなブログの原稿を今日は書いた。

それでは、今回の僕のテーマは、現代において最も注目すべき女性の悩みである【 セクハラ 】について、色々な角度から分析した記事を書きたい。

【 セクハラ 】…。
正確には【 セクシャルハラスメント 】というが、このセクハラが現代の一般民衆に浸り始めたのは、もちろん【 マスコミ 】の報道からである。実際にはこの【 セクハラ 】という言葉が流行する前も、一般社会ではセクハラは存在はしていたが、ただ【 表面化 】しなかっただけの話である。昨日もある某番組でセクハラの事をとりあげた番組があったが、本当に男女間の接し方と言うのは、常々考えさせられる事ばかりであるのが、現実だと言っても過言ではないだろう…。

今回は、このテーマを分析する上で、ネットそして、自分の自宅にある書斎から色々な参考資料を取り出し時間の許す限り調べてみた。セクシャルハラスメントという言葉を最初に取り上げたのは、【 1970年代初め 】にアメリカの女性雑誌『 Ms 』の編集主幹でフェミニストのグロリア・スタイネムらが作り出した【 新語 】である。アメリカでは1986年に合衆国最高裁判所がVinson 対 Meritor Savings Bankの裁判で初めて、セクハラ行為が人権法に【 違反する性差別 】であると認められた。さらに1991年に連邦最高裁判事のクラレンス・トーマスが元部下のアニタ・ヒルにセクハラを告発される公聴会がテレビ中継される騒ぎになり、これによりアメリカ社会にセクハラに関するコンセンサスが得られることになった。

日本では、1980年代半ば以降にアメリカから日本に【 輸入 】された。1986年に起きた西船橋駅ホーム転落死事件で被告の女性を支援する【 女性団体 】がセクハラという言葉を使い出した。しかしこの時はたまたま駅で居合わせた高校教師と女性ダンサーの【 偶発的な事件 】ということもあってセクハラという概念も言葉もあまり広がらなかった。1989年8月に福岡県の出版社に勤務していた、晴野まゆみさんが上司を相手取りセクハラを理由とした【 日本初の民事裁判 】を起こした。職場を舞台にした上司と部下との間で起きた事件ということで普遍性があり、これまで日本の職場でセクハラと意識されず、何気なく行われて来た女性に対する行為や発言がセクハラになるのかといった身近な話題となり、テレビや雑誌で盛んに扱われた。

こうして、1989年の【 新語・流行語大賞の新語部門・金賞 】を『 セクシャルハラスメント 』が受賞。授賞式で表彰されたのは、2年前の1987年に裁判を終えている西船橋駅ホーム転落死事件の弁護士だった。これは1989年の流行語のきっかけとなった福岡県のセクハラ訴訟が当時は係争中で決着していなかったためである。その後、セクハラは一過性の流行語で終わらずに、 1994年に問題化した就職氷河期の新卒女子へのセクハラ面接、 1996年に巨額の訴訟で話題になった米国三菱自動車セクハラ事件、1997年4月からAIU保険会社日本支社が発売開始したセクハラ保険 など、1990年代を通じて日本語として浸透、【 定着 】していった。男性から女性のセクハラのみならず、1993年に起きた【 角川書店 】での男性から男性へのいわゆる【 ホモ・セクハラ事件 】も起こったほか、男性間での性的いじめをセクハラととらえる見方が生まれ、女性の男性に対するセクハラの告発も増えていると言う事である。

まず、セクハラになる行為に関して書いてみたいと思うが、職場などで、【 相手の意志に反して不快や不安な状態に追いこむ性的なことばや行為 】を指す。例えば、【 職場に限らず一定の集団内 】で、性的価値観により、快不快の評価が分かれ得るような言動を行ったり、そのような環境を作り出すことを広く指して用いる…といった性別を問わない用例である。そして、このような用例を踏まえて、異性にとって性的に不快な環境を作り出すような【 言動(職場に水着写真を貼るなど) 】をする事や、自分の行為や【 自分自身 】に対して、相手が【 不快 】であると考えているのも関わらず、法令による場合や契約の履行以外での接触を要求する事、【 同性同士で同様の言動 】をする事も含まれる。この場合、行為者が自己の行為をセクシャルハラスメントに当たるものと意識していないことも多々あり、認識の相違に由来する人間関係の悪化が【 長期化や深刻化 】する例もままみられる。

用語を【 厳密に定義 】するならば性別は【 関係ない 】が、近年の日本で広く認知されているイメージとしては、【 男性から女性に対する行為 】に対してセクハラと捉えることが多かった。しかし、2007年4月1日施行の【 男女雇用機会均等法 】で、男性へのセクハラも企業が講じるセクハラ対策の【 対象 】にすることとなった。ただし実際には男性へのセクハラの対策を講じている企業は、残念な事に少数派の現状が実態である。今日では、精神的な性別である【 性自認 】と、【 肉体的な性別 】であるセックスとが異なるために、性別によって文化的・社会的取扱いが【 区別 】されるような生活場面で、性自認と異なる振舞い方を要求され【 精神的苦痛を被る 】という、【 性同一性障害者の問題 】も、セクシャルハラスメントを論ずる際に欠かすことができない【 視点 】となりつつある。

また、セクハラには【 二つのタイプ 】に分類される。それは、【 対価型セクハラ 】と【 環境型セクハラ 】という風に分けられる。

最初の【 対価型セクハラ 】とは、職場や学校などにおける立場・同調圧力・階級の上下関係を利用し、下位にある者に対する性的な言動や行為を行う(強要する)ことを指す。この例をあげてみたいと思う。

1・酒席での酌の強要。
2・職場で昇進を人質に取った性行為の強要
3・学校で単位を人質に取った性行為の強要
4・取引先との売買契約を人質に取った性行為の強要
5・職場で昇進を人質に取った愛人契約の強要
6・学校で単位を人質に取った愛人契約の強要
7・取引先との売買契約を人質に取った愛人契約の強要

が、【 対価型セクハラ 】の例である。


次に【 環境型セクハラ 】とは、主に性的な嫌がらせを指している。例をあげると…

1・職場や学校などで、ヌードカレンダー、水着ポスターなど、人によっては不快感を起こすものの掲示、性的な冗談、容姿、身体などについての会話。
2・恋愛経験について執拗に尋ねること。
3・慰安旅行での旅館・ホテルなどでの女性への浴衣などの着用の強要。酌の強要。
3・女性の下の名前を『 ちゃん 』付けで呼ぶ。また、下位にある女性を『 さん 』付けで呼びながら男性を『 君 』付けで呼ぶこともセクハラと考えられる場合もある。
4・性的魅力をアピールするような服装やふるまいを要求すること。
5・頻繁に、女性に対して結婚、出産のことを尋ねること。
6・職場における男性・女性ランキングを作って公開することで不快にさせる。7・男性に対して『 男のくせに根性がない 』と言う。
8・女性がやっているんだから男性もやるべきという考えの強要。
9・女性は力がないからといって、男性に肉体的な暴力を行うこと。
10・男性をソープランド等の風俗店にむりやり誘う。

などが、【 環境型セクハラ 】と呼ばれる例である。

ここに上げた例は、あくまでも参考資料に上げられていた例ではあるが、これらに属する事はまだまだあると思う。

しかし、不思議な事に、これは僕自身の素朴な疑問ではあるが、このように分けられてはいても、この上記の事を二人のまったく違う性格のタイプの女性や男性に、その【 セクハラ行為 】をしたとしても、Aはセクハラと感じ、Bはまったくセクハラに感じなかった場合、この上記の内容は、正しく成立しないと言う事になる。つまりは、【 セクハラ 】になる、本当の原因は、個人の【 過去の育った環境や現在の環境や感情 】に【 大部分 】が左右されてしまう…というのが本当の【 セクハラ 】の実態なのである。(笑)

しかるにいつもの僕の結論に移りたいと思う。【 セクハラ行為 】をする、そして、しないを問わず、現在もそして未来にも大切な事は、【 個人の判断や認識 】を常に高め、最終的には、たとえ【 同じ行為 】に見えたとしても、一番大切なのは、【 相手に伝わるお互いの認識と思いやりや真心の誠意 】が一番のポイントなのだ、と言う事を今回の分析ファイルの終止符としたい。


今回も最後まで読んでくれてどうもありがとう。

いや~久しぶりに ビシッ! とくる【 テーマ 】であったように思えます。久しぶりに【 真理 】が見えた。(笑)さあ、これから僕は、また在宅の仕事に取り掛かります。最近は医者からの薬のせいか、文章を書くにも鈍くていけない…。(笑)

じゃぁ、またね! (^○^)/




スポンサーサイト
[PR]

[PR]


テーマ:オタクな分析 - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yishop.blog107.fc2.com/tb.php/36-68f81f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。